アマゾン

  • 2019.07.19 Friday
  • 00:11

 

 6月中旬ごろ、ネット通販の某会社Aで『2019 福岡・佐賀・長崎特別版』の

ミシュランガイド本を先行予約4,700円(送料別)で受け付けていたが、実際ミシュランから

販売された価格はなんとなんと3,000円(税別)である。

とりわけ急ぐ理由もなく予約はしなかったが、注文した方大損害である。

世間ではなんと便利な通販会社と思っているらしいが、以外と高値で購入しているのかも。

 

 

エビス亭から

平戸は日本の公園である

  • 2019.07.18 Thursday
  • 00:15

 種田山頭火(タネダ サントウカ)

 

 明治15(1882)年に防府に生まれた種田山頭火は、自由律俳句の代表的俳人 。

ふるさとで俳句に触れた山頭火は、自由律俳句という、五・七・五にこだわらない自由なリズムの

俳句を作るようになりました。経営していた酒造場の倒産と一家離散、離婚、出家などを経て、

大正15年に放浪の旅に出ます。句友に支えられながら、漂泊の旅と一時の定住を繰り返した山頭火は、

昭和15年、松山に構えた庵で59年の人生を終えました。

旅と句と酒に生きた山頭火が、全国のあちこちで作った俳句は、今も、人々を魅了し続けている。

 

そんな種田山頭火が生前平戸を訪れたとき、この句を詠んだと伝えられている。

私も初めて平戸を訪れたときまさに山頭火と同じ思いをしたものです。

今は平戸大橋が架けられ、平戸と九州本土を自由に行き来できるが、当時は舟で渡るしか

方法はなく、当然、苦労したのだろう。しかし、そちらの方が情緒もあって良かったかも。

 

 

 

 

この橋を渡れば平戸路が始まる。

 

エビス亭から

来週にも梅雨明けらしい

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 00:11

 

 エビス亭は標高180mのところに位置し、周囲は大きな木々に囲まれた環境にあって、

梅雨時期になると余程でない限り霧が立ち込めている。

今年の梅雨は全国的に気温が低い分、蒸し暑くなく、その分助かります。

 

視界が悪く日中でありながら看板点灯です。

 

昼でさえこの濃霧、川内峠に来られる人は運転ご注意を〜。。。

こういう場合、来ないほうが良いかもです。

 

 

和尚様の離れ

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 00:10

 旧平戸藩歴代殿様の菩提寺である『雄香寺』の住職の離れに説法をいただきに

ちょくちょくと顔をだす。

説法を戴いた後に和尚が茶を点ててくれる。これがなんとも云えぬ見事なほどの美味しいお茶。

 

 

 

 

エビス亭から

チャックワゴン、来月のイベントはこれ!

  • 2019.07.15 Monday
  • 00:14

 チャックワゴン、8月のイベントは人気上昇中の柔らかくて脂肪が少ない

『USビーフサーロインステーキ祭』に決定!。開催期間は8/1〜8/31(昼・夜)。

最大の特典は20%OFFで提供。

詳しくは今月末ごろごブログにて案内いたします。

 

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM