平戸市の負の遺産

  • 2020.02.27 Thursday
  • 00:08

 平戸市「負の遺産その一」として、名勝地川内峠にあるディキャンプ広場(標高200m)である。

なぜ負の遺産と決めつけるのかを説明すると、誰もこの施設を使用しているところを1私は一度も

見たことがないからである(まったく無駄な施設)。

その上、調理施設、バーベキュウ施設、トイレ、誰が使うのっ?て言いたくなる。

当時の市長は誰か知らないが、無駄な税金投入して責任を執れ〜っ!。

 

 

この施設の周りは雑草だらけ。

その雑草を始末するのに業者は入札制、1年に3度あるがそれも税金からである。

ここのいいところは景色は最高だ。快晴なら玄界灘を見下せる。

市の観光課や景観保存課、ぼ〜っとしてないでなんとか考えろ!。

 

これ見て観光客、どう思うかな〜。

 

寂しさが漂ってるね〜。

 

折角造った施設、市長さん真剣に考えましょうよっ!。

 

 

フキノトウ

  • 2020.02.26 Wednesday
  • 00:08

 ここは変哲もない一般の道路、丁度、家の前を通って川内峠に通じる道でもあるが、

丁度、家の前の道路を挟むようにして草むらがある。

毎年、この草むらにフキノトウが決まったように芽を出す。

 

都会では想定できない事であるが、こんな道端に山菜が採れるとは夢のような話である。

 

未だ葉が開いていない状態のフキノトウは貴重な存在で、ほろ苦さが残り、

天ぷらなどに向く。

 

皆さん、フキノトウはこんなにも効能が隠されているのをご存知かな〜。

々鎧晴什醉僂ある。

∈挧Δ力群祝瓢漾

アンチエイジングに効果がある。

し豺圓鯊タ覆靴椴笋╂を改善する。

シ豈嫦罎LDLコレステロールを抑制する。

Ε曠襯皀鵐丱薀鵐垢鮴阿┐胴糠期障害や自律神経失調症正す。

Ч粗鬆症の予防にも効果的。

┐爐みの改善が期待できる。

筋肉の収縮を正常化させる効能。etc

なのでフキノトウ狩りもいいけど、根は毒素が多く含まれているので食べないようにご注意。

料理法は茹でて醤油や砂糖で炒めての佃煮、そのまま縦に2冑で切ってかき揚げも良い。

後はネットでフキノトウ料理レシピが公開されているので参考材としてお試しを。

 

エビス亭から

 

精進が足らぬ

  • 2020.02.25 Tuesday
  • 00:04

 仕事中、慌てるような作業でもないのに手がスルッ滑って大事な庖丁を落としてしまった

のであります。決して握力が無くなった訳でもなくただ、スル〜と手から離れたのだ。

滅多にないが茶碗や湯呑み、お碗など落とす時、反射的に足が出て、足の甲がクッション代わ

りになって被害を免れるときがあるが、相手は庖丁だけに瞬間的に足が引っ込んだのである。

随分と昔の話だが修行時代、同僚が柳刃庖丁をぽろりと落とし、足を出した瞬間、ブスッと

見事に包丁が刺さり、大怪我を負った事があった。

そこはすし屋だけに高下駄使用の店、不幸なことに右足の甲を貫通し、下駄に刺さったまま

身動きさえ出来なかったのである。で、即=救急車、即=入院。警察が現場検証したりして

店は近所の人だかりで大騒ぎ。

隣でその光景を見ていた私は血の気が引いてなんと顔まっ青だったことを思い出す。

これってマジ、調理人の間によく起きる事故なんで保健に入ることお薦めです〜。

 

あ〜っショック〜。切先が折れ、ボコ〜ンと衝撃で窪んでる〜。

 

この日、私にとって良い日なのか悪い日なのかは分りませんが、多分、怪我が無かったと

云うことは、大変いい日だったかも、、、、です。

 

エビス亭から

 

 

久しぶりにヒラスズキ

  • 2020.02.24 Monday
  • 00:06

 今年に入ってから久しぶりにヒラスズキが入荷した。

残念ながら活魚ではなく漁師の〆物で、煮付け、塩焼きにすることにした。

ヒラスズキは日本沿岸の関東より以西に棲息するが、日本近海を回遊する三大スズキの

代表格(スズキ・ホシスズキ(大陸スズキとも呼ぶ)・ヒラスズキ)で、高い時期になると

4kgサイズのクラスになれば東京市場ではkg/5,000はする代物である。

平戸や生月島では寒い時期、これを狙って釣師がやってくるが、なかなか釣れないのが当り前で、

もしも釣れたら人生最高の一日であろう。

 

ヒラスズキの特徴は大まかに3ヵ所あり、‖醒擦ぁ´他のスズキよりウロコが大きく頭から

尾尻に向って整然と揃う H尻の付け根が太い、、、、それがヒラスズキの特徴である。

 

また、スズキ類は出世魚として親しまれているが、1kg未満をセイゴと呼び、3kg未満を

ハネまたはフッコ、それ以上をスズキと呼び、京都、名古屋、関東方面には人気の魚である。

しかしヒラスズキの場合、小さくても大きくてもその呼び名は一生変わらずヒラスズキと

呼ばれるが、関西圏と四国だけは2kg前後を何故かモスと呼び、それ以上をヒラスズキと呼ぶ。

 

 

エビス亭から

 

石焼いも

  • 2020.02.23 Sunday
  • 00:15

 石焼きいも、、、、。

石焼芋に適しているサツマイモは、四国徳島産の(なると金時イモ)と(あんのんイモ)が

評判である。

特に(なると金時)は、まるでクリを食べているような食感さえ感じてしまう。

しかし、近年、あんのんイモの勢力が全国的に広がって価格は安定その上、甘く、もち〜と

しているのが特徴だ。

そんな中、ひらど新鮮市場では寒い時期を迎えると「石焼イモコーナー」で、地場産の美味しい

芋を石窯で焼いてて買い物客の主婦たちに大好評である。

もし良ければ是非一度、お買い求めを。

 

 

 

エビス亭から

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM