ボラを捌く

  • 2017.10.22 Sunday
  • 00:11

 先週あたりから海水温が低くなったせいか、平戸近海では産卵のため沖合いからボラが

やって来た。

 ボラと言っても、それぞれの生活域は異なり、湾内の養殖イカダに棲むボラもいるが、沖合い

からやって来るボラの真子(卵)は臭くなく、最高級のカラスミが出来上がるのです。

但し、最高級に仕上げるための仕込手順は大変な作業でして、まずは傷つけないように腹を割き、

真子(卵)を取り出し、毛細血管まで入り込んでいる血を丁寧に除去するのですが、この作業が

また大変な作業でして、立ち仕事の上、肩がカチンコチンと凝りまくります。

 

定置網に入りだした沖ボラ。

 

腹を捌きますとビッチシ真子(卵)を抱いてます。

ボラの卵は魚類の中でも最も卵の粒子が細かく、数えたことはありませんが一腹で億単位に

近いとのことですが、孵化して成長するまでのほとんどが他の魚の餌になってしまいます。

 

こんな風に毛細血管まで入り込んだ血液の取り除き作業です。

これをしないと、製品として出来上がっても当然、血生臭いカラスミになってしまいます。

 

一腹一腹、丁寧に時間かけての作業、あ〜ぁ、疲れたび〜。

 

ご覧下さい。色艶申し分のない真子(卵)。

十分すぎるほど水切り後、一腹ずつの検量です。

 

これ、今回の作業で一番デカイ真子620g(卵)が、出てきやした〜^^。

 

もし、良ければYou-Cube動画をご覧下さい。クリックするだけでご視聴できますので〜。

 

 

エビス亭から

雨と強風でストレスが、、、

  • 2017.10.21 Saturday
  • 00:09

 10月に入ってから、こんなにも雨と強風が続くと生活環境が変わり、ストレスが溜まる。

それは私だけの問題ではなく、魚や野菜の高騰に繋がり、一般家庭の台所を圧迫しかねない。

この長雨はなにせ39年ぶりになるらしいが、平戸では遅植米(ヒノヒカリ)の収穫が出来ない

状態でもあるため、専業農家さんもイライラしているのではないかと心配いたします。

 

 

 

 

漁に出たくても出られないこのジレンマ、どこにぶつけましょうかね〜っ><。

 

エビス亭から

フィシングマート加藤漁具平戸店

  • 2017.10.20 Friday
  • 00:09

 仕入(釣り)に出掛けたいと思っても雨続きじゃあどうしようもないのです。

そんなことで、10日ほど前に発注した商品が届いているのかな~と加藤漁具店に立ち寄ってみた。

その発注した商品とは投げ竿とリール。

 言い方を今風に云えばキャスティングロッドとスピニングリールなのである。

えっ?何釣るんですかとブログファンに云われそうですが、実は岩礁間際をキャスティングし、

大物のマダイを狙おうと単純的に思ったわけなんですよ〜^^。

 まっ、この釣り方もタイラバの延長線上になる訳でして、実践回数をこなすことで釣果を得れば

仕入にも繋がりますので購入費は経費(項目は資材費)でまかなおうと云うことにしやした。

で、釣具と言えばやっぱしブランドSHIMAN0-シマノですね。

 シマノの前進はもともと自転車メーカー、本社は堺市老松町で阪神高速堺線の近くにあるが、

当時はそんなに大きな会社ではなかったが、いつの間にか自転車メーカーより、釣具メーカー

としての知名度が高いようである。

 

スピニングはシマノ/ナスキ−4000XG。そこそこの大物でも対応できるだろう。

 

PEラインは2号200mを巻いて。

 

ロッドはシマノキャスティングシリーズ S73ML。大物なら20kgクラスはお墨付き。

まっ、そんなマダイは未だに未確認であるが〜。

 

 次期店長候補の販売部長?(右)と仕入部長?(左)のご両人。

平戸へ釣に来られましたら是非!お立ち寄り下さい。彼らが真剣に接してくれます。

しかも、釣場情報を極細かく教えてくれます。

また、女性アングラーには特に優しい対応をしてくれますのでどうぞ安心を〜^^。

 

エビス亭から

 

本日のまかない

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 19:10

 本日のまかないは天然縞アジの頭とカマ先の塩焼き、昼営業で残った魚の残端で

お刺身。味噌汁の具材は当然、魚のアラで仕立てた味噌汁。

まかないとしては一般目線からするとかなり贅沢に見えるかも知れないが、和食料理には

魚が付き物。なので、魚を使うまかないが多いのです。

 

 

 

 

エビス亭から

 

 

そろそろ「お節」の準備

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 00:15

 毎年、このくらいの時期になるとお節の準備がやってきます。

まずは手作りの案内パンフ作成、重箱選択、おせちの材料プランニング等などetc。

そうこうしてる間に12月(師走)に突入。

師走と云っても、お寺様だけではないのです。我々調理師も”師”が付く以上、その仲間で

あることから年末まで毎年のこと、バタバタするのですよ。

 

 

 

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM