イシダイ(別名クチグロ)

  • 2018.07.30 Monday
  • 19:58

 イシダイの旬は夏、丁度梅雨明け辺りが旬を迎え、産卵のため地磯周りや岩礁地帯で

産卵する。

しかし、イシダイ釣の醍醐味は竿を海中に引っ張り込むような引きが釣人の人気を呼ぶが、

滅多とお目にかかれないのがこのイシダイ釣なのである。

私も釣ろをするが、未だかってイシダイを釣上げた経験はないが、イシダイ釣りをしている

人を平戸文化センタ前の防波堤で」良く見かけますが、大きくてもせいぜい1kgクラス。

でも、そんなサイズが釣れる平戸の海は凄いですね。

で、石ダイが成魚になると嘴が黒くなり、クチグロと呼ばれ、同じ仲間の石ガキダイの

成魚をクチシロと呼ぶのです。

でも双方の魚ほど釣人が魅了される魚種は少なくそれがロマン化しているようです。

 

2.5kg級クラスのクチ黒。運悪く定置網に入ってしまったようです。

 

成魚になると縞模様が消えてしまい、目から顎辺りまで黒くなる。

 

この歯でバリバリとウニやガンがゼ、はたまた岩礁に棲息している貝類、エビや蟹、なんでも

バリバリと喰いまくります。

こうして歯並びを確認しますと所どころ、歯を損失しているようですね〜。

 

エビス亭

アコウ

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 00:14

 一般的にアコウと呼ばれているが、学名はキジハタである。

実はこの魚、かなりの高級魚で今が旬の夏魚、薄作りもいいが、関西あたりでは

冷たい氷水で洗い造りにする人気魚である。

アラはお吸い物にするととっても上品な味がお椀いっぱいに広がります。

細かいサイズは煮付や塩焼きに、この位のサイズ(750g)であれば十分に洗いが良い。

 

 

つい先日、お客様を乗せてちょいと薄香湾での釣で、お客様が釣上げた獲物。

いいお土産が出来ました〜と大喜びです♪♪〜。

 

エビス亭から

魚も熱中症になる

  • 2018.07.15 Sunday
  • 15:03

 先日、釣に出掛けた時の話をするが、口に針掛りした針を外す最中、どういう訳か昇天した。

サイズ的には約2kg、色目抜群、メスの真ダイ、まさかそんな短時間で昇天とは熱中症以外には

考えられないのである。

 私の場合、生かして店まで持ち帰るという観点から、当然のこと、魚に直接手で触れないよう

にしたりして魚への気遣いは最高レベルのはず。ほ〜んと不思議初体験。

 

なので、船上で活〆、神経抜き、血抜き、内蔵処理することに。

 

 

エビス亭から

魚不足

  • 2018.07.09 Monday
  • 00:11

 台風7号や各地に被害をもたらした梅雨前線の影響を受け、魚の産地である平戸魚市場も

魚の水揚げがなく困った状況です。

さしあたり、ハガツオが数箱入荷した程度で場内は閑散としていました。

 

小型巻網船が水揚げしたハガツオ。これから氷打ちです。

 

 

エビス亭から

小さなオコゼ、海に帰す

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 00:14

 

 漁師から一旦は頂いた小さなオコゼ、海に帰すことに。

と云うのも、あまりにも小さ過ぎて料理に使えず、このままでは痩せ細るばかり。

で、平戸魚市場の前にある岸壁の階段下り、海に帰してあげました。

 

小さくとも、背ビレの毒は健在。刺されないように注意。

 

大きくなったら又おいで!期待を込めてグッバイです。

 

 

エビス亭から

 

天然ヒラマサ

  • 2018.04.29 Sunday
  • 00:13

 釣り物の天然ヒラマサが久しぶりに入荷。

ヒラマサの旬は今頃で、餌を豊富に食べることで、腹回りは上質な脂肪でいっぱいだ。

で、この位の大きさになると2日ほど熟成するほうがさらに旨味を増すのです。

 

 

 

釣られなかったら、この一腹で数十万匹の稚魚が放卵されたことでしょうに。

 

脂肪タップリです。

 

エビス亭から

連休に備えて

  • 2018.04.28 Saturday
  • 00:15

 毎年、ゴールデンウイーク前後になると、魚の仕入れが脹れます。

と云うのも、魚に携わる魚市場、漁協、漁師が休業することで入手困難になり、営業する以上、

魚が無いでは済まされないのです。

 

今年のヒラメは旬が終ってもどういう訳か良く肥えてます。

 

天然とらふぐも仕入です。

 

伊勢エビも大量に仕入れです。

 

エビス亭から

彼岸フグを仕入れに

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 00:11

 

 この時期になると天然彼岸フグが生月島舘浦の定置網に入るのです。

サイズ的には500〜800gと小振りだが、極めて美味しいフグなのだ。

しかし、このフグはトラフグより皮に強毒を持ち、食べられないのが残念だ。

なので、このフグに限らず一般の方はフグを捌くことは法律で禁止されていますが、毎年の事、

フグによる食中毒で死亡者が多発です。

まっ、そんな強烈な毒を持つフグであるが、その美味さを体感すれば、虜になるのは間違いない。

そんなフグを、鍋(テッチリ)や刺身(テッサ)以外の料理を作って見たのです。

 

また、99ch塚ちゃんの絶妙なカメラアングルで、美味しく出来上がったフグ料理を収録し、

近日中にはyou-tubeにUPです。

 

型のいい彼岸フグ

 

 

活き〆して神経抜いて、、、

 

 

 

 

捌いたらこんな綺麗な肉質です。

 

早速、フグ上身のユッケです。高級食材の松の実添えです。天然だけにシコシコ感タップリだ。

 

天然塩で焼き上げたフグの塩焼き。たまんないですね。

 

で、で、で、で〜ぇ、まろやか煮付けです。梅の酸味がスパイスです。

 

フカフカに出来上がったフグの唐揚げ。美味かったな〜。

料理の模様は近日公開します動画でご覧下さいませ。

また、食べたくなったら当店、エビス亭までお問合わせ下さい。

必ず満足していただけます。

絶対に!です。

 

エビス亭から

ざぶとんヒラメ

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 00:06

 今月2枚目となる『ざぶとんヒラメ』の仕入です。

一枚目は平戸魚市場松栄商店から7kg台、今回は県漁連田平活魚センターから8.5kgの大物を

仕入れてみた。

 

背中がこんもりと盛上っていて、上物のヒラメだ。

 

 

メジャーで計測すると全長88.2cm。

 

胴回り79.2cm。

 

尾の根元20.9cm。

 

5cmはあろうかヒレ。この根元には良く肥えた縁側が身を隠してる。

 

幅20cm以上はあろうどでかい尾鰭。

 

拳骨がズッポリと入るほどの大きな口。

ヒラメは貪欲な魚だけに、呑み込まれた魚は堪ったもんじゃない。

そんな捕食シ〜ンを観て見たいものである。

 

エビス亭から

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM