ランチ新メニュ〜登場

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 10:09

 昼ランチ用にと新メニューが誕生です。

オーストビーフで柔らかい肉、キューブロ^ル100gとUSビーフで甘味あるアウトサイド100g

合計200gを組合せたコンビネーションステーキランチです。

この特別ランチの特典は、通常価格より250円ほど割安となっており、肉好きな方にはもう!

たまりません。また、お値段は特別価格1,980円(税別)となっています。

セットされている商品は、牛スジの煮込、サラダ、スープ、ライス。

 

 

 

 

エビス亭から

キューブロールの「ステーキランチ」

  • 2018.12.03 Monday
  • 00:10

 USビーフのボリュウム満点「ビフテキランチ」は人気抜群で、特に若者に大人気!。

求める肉量の基準は1オンス28gで、4(112g)・6(168g)・8(224g)・10「280g)

・12(336g)・14(392g)と肉量を定めていて、100gあたり1,179円となる。

これにセットされる商品はゝ蹈好犬亮儿み、▲汽薀澄↓スープ、ぅ薀ぅ后

なので、ご自分のお腹と相談すると良い。

チャックワゴンの特徴は、ジックリと時間かけて煮込んだニンジンがまるまる1本付き、他には

馬鈴薯、モヤシ、季節の青物野菜がセットされています。

熱々の鉄板プレートに乗せて、食べる寸前にオリジナルソースをかけると、ジュワ〜と大きな

音を立て、ソ=スの焦げた臭いが鼻をくすぐり、もうたまりません。

 

ご参考のために、画像は6オンス168g。

 

ガッツリ食べたい人は14オンス392gはいかがでしょうか?。

 

エビス亭から

誰でも出来るローストビーフ動画UPしました。

  • 2018.11.29 Thursday
  • 00:12

エビス亭動画ファンの皆さま、大変お待ちどうさま。

やっと動画をUPすることが出来ましたのでとくとご覧下さい。

 

 

エビス亭から

簡単に出来るローストビーフ動画、近々公開します。

  • 2018.11.27 Tuesday
  • 00:15

 このほど、誰にでも簡単に出来るローストビーフの動画収録が終わり只今、99CH編集部で

編集中でありまして近々、公開の予定。

ただし、作り上げる前の下準備は必要不可欠ですが、動画ではその辺の部分を詳しく解説して

おりますのでご安心ください。

 

下準備があればこその仕上がりです(画像は冷却中)。

 

良い出来具合。

 

芯から旨味成分の肉汁が浮き出てきます。

詳しくは近々公開する動画にてご覧下さい。

 

エビス亭から

ローストビーフ製造

  • 2018.10.12 Friday
  • 00:05

 先月9月にローストビーフの記事をのせてから、ちょくちょくとふるさと納税でローストビーフ

の注文が入りだした。

なので一回に仕込む量は平戸牛赤身3等牛10kg、一気に仕込みます。

その方が効率よく仕上がります。

で、仕込み工程は適当な大きさに肉をカットし、平戸産天然塩、ブラック胡椒を目方に合わせ

降り、しっかりと下味を付けます。

 

 

 

玉ネギ、ニンニクを摩り下ろした搾り汁に濃口を少量入れて、1時間ほど密閉。

 

それからすべての面に焼きを入れます。

 

こんな感じでしょうか。

 

で、湯煎です。

普通は低温調理で行ないますが、私の場合、豪快に数分ほど沸騰させて仕上げます。

 

エビス亭から

クジラステーキコース

  • 2018.10.07 Sunday
  • 00:11

 クジラ肉、最も安全な食肉である。

大海原を悠々と泳ぎ、世界の海を渡る地球上で最大の哺乳類、クジラ。

クジラを簡単に括り付けるわけではないが、大まかにヒゲクジラと歯クジラと分別される。

歯クジラはマッコウクジラを代表するが、雑食性のクジラでイルカやシャチも含む。

ヒゲクジラは歯が退化したクジラで、主に主食はプランクトンやオキアミが主食。

口を大きく開いて海水ごと飲み込んではヒゲと呼ばれる甑器で餌を飲み込むのです。

それがクジラの生態ですが、深く説明すれば奥は深いのです。

で、当店エビス亭は全国で結成されている「クジラ食文化を伝える会」という組織があり、

その組織のメンバーであることと、その文化を伝えていかなければならない重責があるのです。

そんな中で、世界で3番目となるイワシクジラの赤身を使いまして美味しいステーキコースを

作ってみました。

 

イワシクジラの赤身肉は、クジラ独特の臭いがなく、とても美味しいお肉です。

赤身肉に潮胡椒を降り、焼き上げます。頃合をみてステーキタレを垂らします。

 

良い焼き具合です。

 

クジラ料理を懐かしむお方がいらっしゃいますなら、是非!エビス亭までお越し下さい。

きっと、きっと満足されることでしょう。

お値段は電話にてご確認下さいませ。

 

エビス亭から

 

久々にローストビーフを仕込む

  • 2018.09.27 Thursday
  • 00:11

 お客様のご要望で4年振りにローストビーフを仕込みました。

それもブランド牛の平戸黒毛和牛等級A3である。

このクラスになると当然サシ(霜降り)があり、柔らかくそして甘味十分である。

私流の仕込工程は天然塩と黒胡椒で下味をつけ1時間ほど常温で寝かせ、その後、ニンニクと

玉ネギを適量摩り下ろし、真空機で脱気(真空状態)にするのです。

この間約30分、タップリと肉に香りを浸透させます。

時間が来たところでフライパンですべての面を焼き上げて、最後にオリジナルソースを降って仕上げ

をいたします。(この時点でいい香りが店内に漂います^^)。

その後、再度脱気して湯煎(低温調理)で完成です。

 

しっかりと焦げ目を付けます。

 

低音調理で仕込みますと、とても柔らかく仕上がるのです。

 

完成です。

どうぞ、お召し上がり下さい。

 

エビス亭から

食レポ

  • 2018.09.23 Sunday
  • 00:08

 平戸崎方町にとき里と云うお食事処がある。

こちらのメ〜ンは信州ソバが売りで中々の人気である。

私は昔から冬夏問わず、山掛けソバが好きで、こちらにお邪魔してもやはり山掛けソバと

カツ丼をオーダーです。

もし、よろしければ一度、召上ってくださいな。おすすめですよ〜。

 

 

 

 

エビス亭から

 

日本一の豚と称号されたアボガドポーク

  • 2018.09.20 Thursday
  • 00:08

 人生真面目に努力して頑張っていると、おのずからチャンスが舞い込んでくるのです。

此度、東京帝国ホテル料理長が名付けた「日本一の豚」、アボガドポークロース肉である。

実はこの豚、イベリコ豚を凌ぐ超高級豚で、メキシコ産のアボガドオイルとその特殊飼料を

加えた飼料を与え、新しい放牧スタイルでイベリコ豚以上に美味しく栄養価に富んだ豚である。

肉質は柔らかく旨味に富、脂身は融点が低くさらりとしており甘味が有るのが特徴である。

また、脂身には餌であるアボがド由来のオレイン酸を多く含み、豚肉特有の臭みがまったく

ないのが特徴。

その上、人体の健康を害する抗生物質などの投与がなく、豚にストレスを感じさせない

放牧養豚にこだわり、アボガドに含まれるオイルはその75%以上がオレイン酸。

その効果が血中コレステロールを減少させ、動脈硬化を防ぐ働きがあり、まさに人類にとって、

最も安心安全な豚である。

そんな豚を出せれる店は九州ではエビス亭だけであります。

 

はっきり云いますが、滅茶苦茶美味い豚であることは確かである。

 

今度オープンするステーキハウスで九州初デビューいたします。

それまで涎垂らしてお待ち下さいませ〜^^。

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM