ジビエカレー誕生(シシ肉)

  • 2018.08.04 Saturday
  • 00:16

 平戸産のシシ肉を使ってこのほどジビエカレーが誕生した。

製造元はNVフーズ(北村カレー工房)、アドバイザーとしてエビス亭が加わり、失敗に失敗を

繰り返したのが発奮材料となり、とうとう完成にこぎつけた。

なぜ失敗したかと云いますと、レトルトに仕上げるために滅菌作業と云う工程がありまして、

その段階で若干、シシ肉臭が残り、カレーの味を変えてしまうのです。

そんなんでかなりの時間を要したのですが、とうとう秘密食材にこぎつけて見事クリア。

また、それ以上にシシ肉が円やかになりましてグ〜ンと美味しさがUPです。

このジビエカレーの販売は平戸ファクトリーで販売致しますが、販売価格は今のところ未定。

 

ゴロッ〜と大きなシシ肉が入って魅力満点。

 

 

エビス亭から

夏はステーキが一番

  • 2018.08.03 Friday
  • 00:10

 

 8月のイベントエビス亭大人気の長崎黒毛和牛『ステーキ祭』開催です。

料理内容は

1)、エビス亭自慢の手作り豆腐(柚子風味だし

2)、米茄子の鯛味噌田楽(味噌が自慢

3)、天然魚の刺身盛(ぜ〜んぶ平戸産・大きなサザエも付いてます

4)、県内産黒毛和牛4Aランク以上

5)、中平戸深川地区で栽培された美味い米(炊き方に拘ってます

6)、ワカメスープ(ワカメは平戸海峡で水揚げされたワカメ

7)、仕上げのデザートは柚子シャーベット

 

 

動画をご覧下さい。

ご予約は2名様より前日までとしています。

食レポ「平戸の名物店・・・焼きとり正ちゃん」

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 00:07

 平戸で一人勝ちしているお店とは中平戸の「焼きとり正ちゃん」であろう。

こちらの店は創業25年ほどの歴史を持つ焼きとり屋さんであるが、現在の店は二代目で、

いつ訪れても満席状態である。まして、焼物に使う燃料は全て木炭であるが、その木炭も

自分で窯入れして数日間かけて焼くのである。

そんな炭だからこそ、焼き上がる食材は全て美味いのである。

 

 まずはキリンラガービール、私の呑むビールは昔からキリンで、それもラガー党、どこに

行ってもこれ一本で通している。

ただし、グラスはちとアンバランスでござる。

 

ビールに枝豆、手羽先にネギマ、柔らかくて美味しいセセリ(通称ネック)。

一人で呑る時は、このくらいが丁度いい。

 

エビス亭から

シシロース肉入荷

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 00:16

 

 ししロース肉入荷です。

それも5月半ばごろ平戸で捕獲されたシシ肉です。

この時期捕獲されるシシの特徴は、しっかりとタケノコを喰っていまして栄養効果抜群で、

肉に分厚い脂肪が取り巻いてます。

その上、臭みなく、柔らかく、美味いのが特徴。

 

 

 

 

 

エビス亭から

しし飯

  • 2018.05.21 Monday
  • 00:12

 先日の事、しし肉でしし飯を炊いてみた。

これがなんとなんと、肉の臭みはなくその美味しさにビックリ@@です。

 

 

 

 ふたを開けると、木の芽の香で大満足。

 

召し上がりたい方はエビス亭までご連絡を。。。。

 

エビス亭から

平戸市長を迎えて『ジビエ料理』動画でお披露目

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 00:14

このほど、平戸の厄介者、害獣イノシシ肉で『エビス亭流ジビエ料理』の収録・編集が

無事終りまして、早速、You-cubeでリリースです。

 今回のゲストは平戸市長の黒田成彦さんと平戸ファクトリーのマネ−ジャ市山宗さんの

お二人をお迎えし、平戸のイノシシについて食事しながら熱き想いを語っていただいています。

放映時間は約40分、いつもより2倍近い放映時間となりましたが、『新感覚!ジビエ料理』の

魅力に、皆さま存分に吸い込まれて下さいませ〜^^。

 

ご覧になって如何でしたでしょうか〜ぁ。

ジビエ料理、是非!、お越しくださいませ。

 

エビス亭から

シャブシャブ

  • 2018.04.12 Thursday
  • 00:10

 

 旬の春野菜をふんだんに入れて、イノシシロース肉のしゃぶしゃぶ風景です。

材料となる春野菜はタケノコ・甘みがたっぷりの新タマネギ・赤土ゴボウ・トマト・

アスパラ・ブロッコリー・パプリカ・スナップエンドウですが、クレソンやセリ、セロリー

などの香草類も抜群に合うのです。

 

 

お召しあがりの後は〆の雑炊で〜。

ヘルシー感覚のジビエ料理、女性にはぴったしかんかんです。

 

エビス亭から

新感覚のジビエ料理『しゃぶしゃぶ&ロース肉のアスパラ巻』

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 00:17

 ジビエ料理(イノシシ肉)として、和食では味噌仕立ての「ぼたん鍋」が一般的であるが、

それはそれで旨いのだが、食べ続けるうちに味噌ダシゆえに、濃ゆくなったり塩辛くなったり

してその都度味が変わるのが勿体無い。

さしあたり、エビス亭の場合はカツオと昆布ダシがベースとなっていまして煮詰めない限り、

最後まで食べ尽くすことが出来ます。で、最後の〆の雑炊が楽しみです。

 

シャブシャブ用にと、ロース肉の幅は1.3mm。

天然物だけあってしかりとした舌触りです。

 

今が旬の食材、平戸産のGアスパラを下茹でしまして、ロース肉で巻き込みます。

味付けは天然塩とブラックペパーのみ、これぞ新感覚”和”のジビエ料理です。

 

エビス亭から

 

称号・・・日本一の豚肉

  • 2018.04.09 Monday
  • 00:16

 

「日本一の豚肉」と称号された豚ロース肉をこのほどいただいた。

この豚は、東京帝国ホテルの料理長が名付け親で、現在、千葉県の養豚場で広大な運動場で

放し飼いされていて、忌まわしい抗生物質などの薬物は一切投与されずに育てられている健康的な

豚である。の入手先はある企業家の方で、話の流れから一度、味見してくださいと送って

いただいたのです。

で、早速、トンカツにしたところ、なんとも云えない味わい深く、それでいて柔らかく、

甘みがあり、サッパリした脂肪分が特に美味かった。

 

 

今度はステーキにしてみよう。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM