生月島の名物ラーメン『大気圏』

  • 2018.03.17 Saturday
  • 00:12

 生月島に行くと、アゴだしベースのラーメン店『大気圏』がある。

そこのラーメン店は、県内外からのお客様が多く押し寄せる店で、特にツーリングライダーが

この店目当てでやって来る繁盛店である。

場所は、生月大橋を渡って300mほどのところなので直ぐ分ります。

 

目印は赤く染まった大きな暖簾。

 

店内は親会社が鉄工関係だけに、手作りのカウンターや椅子テーブルが配置されている。

 

これが生月名物アゴだしラーメンです。

 

エビス亭から

ひらどのあごだしラ〜メン

  • 2018.01.05 Friday
  • 00:22

 久しぶりに平戸の町ん中にあるラーメン屋に行って来ました。

そのラーメン屋はフェリー乗り場の前、スナック「ヴァンベール」と言うのだが、その店で

あごだしラーメンが食べられるのだ(一杯500円)。

私の場合、トンコツラーメンは大の苦手でして、醤油かあごだしが口に合うようです。

 

いつもならチャシュー入りだが、正月明けということもあり、代用品でハム入りだったが、

あごだしラーメンにはさすがに合わない、せめて豚の細切れにして欲しいなぁ〜。

 

エビス亭から

 

再燃しそう

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 00:03

 こんなに寒くなると無性に『釜揚げうどん』が食べたくなった。

しかし、その美味しい麺は残念がら、九州にはもう存在しないのである。

もちもち!しっとり!喉越し抜群!それでいて麺の透明感は人肌のように透き通っている。

そう、私が麺打ちをしない限りその麺は存在しないのである。

体調さえ良ければ囲炉裏料理エビス亭で復活したいものだ。跡継ぎが欲しい〜。

 

 

エビス亭から

ヨダレが出る〜っ

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 00:07

 自分で撮った画像にヨダレが出るとはほんまに情けない。

てな訳はないが、改めて画像を見ると、自家製オリジナル麺のうどんを無性に食べたくなった。

昨年の話になるが、麺家エビス亭閉店時に200人前ほどの麺を打ちまして、いざと言う時の為、

冷凍保存しているのです。

何分、今となっては大変貴重な麺ですので、おいそれと使うわけには参りません。

 

とは云いつつ、在庫数量は私しか知らないので、こそっと食べちゃいましょう。

 

エビス亭から

とき里ひらど店

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 00:08

 伊万里に本店を置く『とき里平戸店』だが、順調に業績を伸ばしながら今年1月、早くも

三年目になる。この店の売りは蕎麦とカツ丼がお薦めで、昼夜と楽しめるのがありがたい。

ところでこちらの店長は、中々のイケメン店長で常に前向きな姿勢で頑張り屋さん、その上、

釣りが好きで時間が合えば私と一緒に出掛けたりするが、今年は互いに忙しく出掛けるチャンス

は未だないが、ちょくちょく夜の街に出かけるほうが多いかも。

 

 

この日、お薦めの山掛け蕎麦、実に美味かった〜。

皆さんもどうぞ山掛け蕎麦、お召し上がり下さい。

お薦めいたします。

 

山口君、お見送りまでしてもろてあんがと〜。

 

エビス亭から

麺家エビス亭、本日をもって閉店。

  • 2016.08.31 Wednesday
  • 00:09

 開店したのは三年前の8月1日、夏、真っ盛りの暑いとき。

華々しいデビユーの店だったが、息子に期待し過ぎて意見の対立ばかり。

親子は何故?似るのでしょうか?。それも悪いところばっかし〜。

で、その後、息子は大阪に帰る始末。

先日、息子と電話で会話でのこと、「なのな〜、店、今月一杯で閉めようとおもってんねんナ〜」、

すると、息子は「いいん違う、だって中で働く人、いてへんねんやから、無理ちがう〜」の即答。

冷たい返答って云うか、もう少し思いやりの言葉を望んでいたが、それは無理。

例えば、「おとん、あんまり無理せんときな〜とか、健康?とか」の思いやりの言葉を待ってたが、

その気配、全然。我々の時代と違い、ドライすぎて、話が噛み合わないですね〜。

 

ほぼ、30日には撤去の仕事は終了。

気になるのはこのパンダ。

お陰で全国放送二度経験させて頂きました。いわゆる平戸の観光大使です。

オリンピックではありませんが、このパンダに金メダル授与です。

 

やはり、ビジネスは人です。人材です。それも財産になる人財です。

特にローカルでは痛感に思います。

 

綺麗に後始末して。。。

 

最後の最後の後始末。

 

継続は力なり。。。。

私の場合、それはお金ではなく、お金を稼いでくれる人財です。

 

エビス亭から

 

 

大失敗

  • 2015.01.21 Wednesday
  • 00:46
 つい先日のこと、ほんまにアホな大失態を犯してしまいました。
それは、麺工房でうどん麺を製造しようとミキシングの準備の最中、お客様がやってきまして、
ミキシングの蓋を閉めず、ONスイッチを入れたままお客様と1時間ほど雑談。
ところが、ミキシングしていることをついウッカリ忘れていまして、慌てて麺工房に入りますと
まるで雪が積もったような景色に変貌・・・ウエッ@@!。なんじゃこりゃ〜〜ムッムッムッ。


麺打ち機も床もこんなありさま。


ミキサー機に近いところは小麦粉で真っ白!。


こんなとき、誰にも文句が言えないのがタマにキズ。


床にはクッキリと作業シューズの跡が浮かぶ。


腹威勢に「あほう!」の文字を刻む。


そのとおり。誰が掃除するんじゃい。ところが誰もいてまへん。私以外には・・・。


中なかはかどらない掃除、そりゃそうだ、吸った小麦粉が網目を塞ぐのだ。
天井からこんな声が聴こえて来た。
おっちゃん、歳、歳だよ〜、そんでさぁ〜、チョッとボケ来てない〜?」。
ぅん・・・・俺もそう思う。」と言いたいところだが、記憶力は抜群にいいのだ。


結局、掃除に費やした時間は1時間余りのタイムロス。
「一度あることは二度ある」の格言、しっかりと心に刻み込んで気分転換する。
皆さまも「つい!うっかり」のミス、責任持って補いましょう。
”ボケ”と”うっかりミス”は根本的に違いますのでご安心を・・・ねっ^^。

明日のブログ記事は植物の「葉蘭」
それでは皆さままた明日^^。
エビス亭から

やっと探した山手浦ラーメン店

  • 2014.03.12 Wednesday
  • 00:10
 県北地区にはこれといって美味いラーメン屋さんがないのが残念です(私的には〜)。
私の求めるラーメンスープはしょうゆ味、しかし九州管内のラーメンのほとんどは、
トンコツ味で、店に入った途端、そのスープの臭さが私には大の苦手なのです。
まあ〜食文化の違いはあるにせよ、近場で醤油味を求めて何処へ〜。

で、以前から気になっていた鹿町町のラーメン店だが、自販機に隠れていて、とにかく
分かり辛い店である。まして看板があるわけじゃなし、色あせた暖簾が一枚ぱらり。
店に入っても誰もいない。何じゃこれ?っ手言う感じ。


店に入っても誰もいない。何じゃこれ?って言う感じ。
それだけ気楽な店という雰囲気が伝わってくる。
おでん鍋はほのぼのと湯気が立っていて美味しそうな気配。


やっとおくから女将がお出まし。
あらっ、いらっしゃいませ〜、とニッコリ。中々愛想がいい女将と感じた。
で、肝心のラーメンは後回しで、おでんを数個いただいた。味はまずまず。
私の苦手なトンコツだが訪れた以上、食べない訳にはいかないのである。


そして出てきたトンコツラーメン。
スープの臭さがない分、トンコツスープの濃縮ダシを使っているのがすぐわかる。
厳しい視線で決して求めてないが、味的にはやや水っぽく感じたが、女将の笑顔で
ご破算にいたしましょう。
次回、こちらに行くときは、醤油ラーメンを特別にお願いしてみようかな。

エビス亭から

 

麺家3月からの新メニュー

  • 2014.03.01 Saturday
  • 00:10

いよいよ今日から三月。
寒さ残りはまだまだ続く感じですが、麺家エビス亭では春に向けて新メニューの
登場でございます。
では新メニューのご紹介をいたしましょうね。

天ざるそば
北海道産斜里郡のそば粉を使った当店オリジナルの手打ちソバ。
国内産のそば粉の風味とそばのシコシコ感、天婦羅の揚げ具合など
十分楽しんでいただけるお料理です。


ざるそば
シンプルではありますがあなたは何枚挑戦できるのでしょう。



天ざるうどん
麺家エビス亭が誇るつるつるモチモチ麺をさらに細く打ち込んで仕上げた究極の麺。
この細さの麺は九州には存在しないでしょうね。



ざるうどん
なななんと、これが噂のつるつる麺。
生姜の風味で喉越しよし。


お待ちいたしております。

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM