オルレ

  • 2017.12.16 Saturday
  • 00:02

 「オルレ」とは韓国・済州島から始まったもので、もともとは済州島の方言で

「通りから家に通じる狭い路地」という意味で、トレッキングする人が徐々に増え、

「オルレ」はトレッキングコースの総称として呼ばれるようになり、九州では各地にコースが

設置され、平戸も数年前からオルレコースが新設されました。
 オルレの魅力は、海岸や山などを五感で感じ、自分のペースでゆっくりとコースを楽しむ

ところにあるそうですが、自然を感じるには平戸はもってこいのコースです。

 

 そのコースに選ばれたのが市役所から川内峠の区間。

丁度、エビス亭のあたりになるとお腹が空いてくる時間帯で、疲れを癒しながらのお食事タイム

となる訳であります。

 

数日前から佐世保のグループ様より、7名様の予約電話をいただきまして感謝です。

 

登山シューズ、運動靴、スニカーありの履物ですが、重たいけど登山シューズが一番とのこと。

 

そうそう、山歩きにはステッキが必需品だそうで、家を出る時、何度もチェックするらしいが、

うっかり忘れでもしたら大変とのこと。

平戸市役所から川内峠まで往復12km、所要時間、普通歩きで約3時間とのことであるが、もし、

私が歩いたとするならその倍の6時間くらいはかかるかも。。。。?

ひょっとして、足がもつれ、コケて、あちこち擦りむいて、棄権するだろうね〜。

 

エビス亭から

 

わびさび

  • 2017.12.15 Friday
  • 00:10

 

  毎年、この時期になると庭先に色変わりしたモミジの葉がたくさん落ちてまして、

綺麗なモミジだけを刺身の”あしらえ”に活用です。

このモミジ一枚の盛付効果は抜群でして、器にのせるかのせないかで和の表現が変わり、

まさに外国の料理人が求める日本料理『わびさび』の世界です。

落葉した色鮮やかなモミジ一枚使うことで表現が変わることって凄いですね〜。

 

 

 

 

エビス亭から

you-tube動画コメントにコメント返信

  • 2017.12.08 Friday
  • 00:14

 二作目となる「動画コメントにコメントで返信」You-Tubeに動画をUPしました^^。

エビス亭動画に多くの方からコメントをいただきながら、殆んど返信が出来ず、大変

申しわけありません。

で昨日、カメラマンの塚ちゃんに収録及び編集をお願いしまして公開です。

まだまだコメントに返信できない方も多くいらっしゃいますが、すべてのコメントに返信

できないこと、心からお詫び申し上げます。

それでは第二作「コメント返信」をご覧下さい。

 

 

お願い。。。。

動画、ブログ、コメントくださいますが、せめて○県○市とかを書き込んで下さいますと

大変ありがたいと思いますので、お願いします。

また、ハンドルネームも分りやすい方がありがたいです^^。

では、よろしくお願いいたします〜。

 

エビス亭から

お弁当作り

  • 2017.11.26 Sunday
  • 00:19

 毎週土曜日、日曜日と平戸瀬戸市場に出す弁当作りに励んでいるのですが、何せ起きる時間は

早朝の5時、それからがあわただしい動きが始まりまして、まずは風呂を沸かし、コーヒーを入れ、

風呂の湯が湧くまでの間、ソラ(愛犬)のご飯を作ったりして一息となるのです。

で、出勤するのは6時ごろ、今のこの時期、外は真っ暗、たまにイノシシと遭遇するが、相手を

刺激しない限り危害を受けることはない^^。

 

平戸瀬戸市場で人気メニューの「うなぎ弁当」。個数限定商品なので売り切れゴメン!です。

 

ウナギには山椒、抜群の相性。

エビス亭の庭に未だ枯れずに残ってる木の芽(山椒の葉)を添えてます。

ちまたに販売価格は850円です。

 

エビス亭から

家族写真

  • 2017.11.23 Thursday
  • 00:05

 先月10月末、大阪から初めて平戸にやって来た娘達が撮った写真をパネルに入れ、

このほど到着したのです。

で、どこに飾ろうかなと思いながら探していたところ、グッドポジションを見つけまして

家族写真の披露です。

それも、オランダ大使とポルトガル大使の写真パネルの間に、無理やりに入れました。

 

 

大きくなっても娘は娘、やっぱし可愛いもんですね^^。

毎日見てはニヤケてます。

いつになるかは分りませんが、今度は孫をパネルに入れて送って(贈呈)欲しいですね〜^^。

 

エビス亭から

 

私の家族です

  • 2017.11.11 Saturday
  • 00:14

 どうもすいません、冗談です^^。。。。

余りにも素晴らしいご家族なので、無理をお願いしてセンターに陣取りです。

 

実は大阪泉佐野から年に2~3回、平戸は大久保町にお住いの年老いたご両親を気遣いするため

に帰平するK氏の奥様とご息女であります。

で、いつも帰平するたび、エビス亭でお食事をしていただいておりますが、私を含め関西弁と

いうより、泉州弁の会話が面白いほどに直ぐに成立するのです。

それも、お客様をお迎えする姿勢より、友人を迎える姿勢になってしまいまして、カウンター

越しでありながら、ツイツイお酒まで呑む私でありました。

 

 

美人親娘の間に入ってスリーショットです。

こんなん、何年ぶりやろか〜^^。

 

 

エビス亭から

これは痛い

  • 2017.11.09 Thursday
  • 17:56

  エビス亭が山の中で創業して早や13年を迎えることになったのだが、当時、購入した

食器洗浄機が不幸にも修理不可能で買い換えることになったのです。

今の時代、この機器がなければ仕事にならず、出費も痛いが、洗浄機がなければ更に痛い。

そんな経緯がありましてこの度、この先を考えて新機種を導入することに決定です。

 

 

 

 

 

エビス亭から

エビス亭の若女将?

  • 2017.11.02 Thursday
  • 00:07

 ご紹介いたします。エビス亭の若女将です。

と、云いたいのでありますが、残念ながら実は私の娘、長女(絵夢)と次女(果林)です。

暫く逢っていなかったため、彼女達の成長がとても楽しみだったのです。

するとどうでしょう、親馬鹿の解釈で申し訳ないが、我が子と思えないほど素敵な女性に成長

してくれて安心です。。

 

私の顔もニヤケっぱなし。

 

お前、彼と一緒に平戸に引越して、エビス亭の女将やってよと云ったところ、あっさりと

「いやや〜!」と断られちゃいました><。

 

 

で、翌日、暖簾を出して親娘記念写真。

当日はお店を休んで私が移住した生月島までドライブと島の名所ご案内です。

 

生月島の名所、大バエ燈台で彼を混へて撮影です。

この後、山頭草原の麓で多くの牛が放たれている放牧場を観て大感激だった。

 

嬉しいことに二人の娘が「年、3~4回、お父さん顔、見に来るから〜」、と云ってくれた。

これには胸にジ〜ンとちゃいましたね。

 

エビス亭から

 

自作「おせち料理」パンフ完成

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 00:03

 仕事の合間を利用して、釣りも行かず1週間かけて作り上げた手作り『おせちパンフ』、

やっと完成しやした〜^^。

しかし、スキャンしたものの、ブログにUPするには画像を圧縮するため、その精度が落ちて

イマイチ分り辛いのが本音。でも原本は問題無しで、今月中にお客様に郵送で案内のお届けです。

まっ、プロの手には負えませんが、自分なりに納得です。

 

おせちの画像は昨年度の作品でご案内です

 

 おせち作って今年で14年目に突入。

いつもお客様がこのように褒めてくれます。

【エビス亭さんの『おせち』はお世辞抜きで本当に美味しいし、全部食べれて捨てるものが

ないのがなにより嬉しい〜】。

そう云っていただけることは何より嬉しいですね〜♪。

 

また、地方発送もしていますので是非是非!ご注文下さいませ。

地方発送の場合、愛知県以西限定/豪華二段重のみとしています。

ご注文締め切りは11月25日迄。(電話、FAX、メール)にて対応。

電話/FAX :0950-23-3244

メールAD :irori-ebisu@mx22.tiki.ne.jp

発送日:12月31日 商品到着日:元旦午後6時ごろ目安

運送会社:クロネコヤマト 

運 賃 :一律1,200 クール冷蔵付(但し、お振込以外、代引手数料400円のご負担)。

 

エビス亭から

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM