人生最後のチャレンジ、、、多分^^。

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 00:09

 

 歳をとると人生の先行きを思ったり、石橋を叩いて安全に渡る着実な歩み方もあるが、

肉体は衰えても精神面が若けりゃ冒険も出来る。

人それぞれの歩み方は違うが、結果を恐れていては何もできないし、さらに今以上に老けて

しまうのではないかと心配しする。

あれこれそんなことが頭をよぎる中、3ヵ月ほど前から再びチャレンジ精神が身体の奥底から

湧きあがり、この11月中順ごろのオープンに向けてスタートした。

そこは平戸ライフカントリー(平戸総合運動公園)の直ぐ近くで、閑静な木々に囲まれた

味わい深い洋風な建物で、一見、素的な別荘と見間違えるところであるが、庭先には緑一杯の

木々や樹木、果実が実る木々、四季折々の花が咲き、農園まであって、自家栽培ができる

環境でもある。

駐車場も15台前後も止められるが、足らなければライフカントリーの駐車場も止められる。

ただし、今のところ許可を頂いてないのが現状ですが^^〜。

で、ここで何をするのかと明かせば、平戸にはステーキハウスたるものがなく、美味しい

ステーキを振舞いたくなりまして、めらめらと情熱が全身を伝わって湧いてきたのです。

まだ店名は仮称ですが、エビス亭姉妹店『農園とガーデン・ステーキはうすEBISU亭』に

しようかな〜と思っている次第です。

また夜は少しダイニング料理を加え、ワインと女性が好むカクテルも揃えようかとも思って

います。気になるお値段もリーズナブルでしますね。

 

ゲートを潜ると玄関です

 

わくわくします。

 

落葉も美しく感じます。

 

草取りも楽しそうですね。

 

この世に生れてきた以上、やるだけやって人生を楽しみ、最後は綺麗に散りたいと思います。

今、厨房関係の図面を書いたり、厨房機器を調べたりして前進しています。

 

 

エビス亭から

お下がりをいただく。

  • 2018.08.17 Friday
  • 00:03

 

  完熟した桃。

と云うのも、お盆の間、とよみ女将が好きだった桃をお供えにしていて、お盆も過ぎ、

このままでは傷むこと間違い無しで、いただく事に〜。

まっ、さぞご本人も甘いところをタップリ食べたことに違いないだろう^^。

と言うことは?、、甘くないかも。

 

 

 

エビス亭から

暖簾

  • 2018.08.16 Thursday
  • 00:16

 暖かい簾(す又はすだれ)と書いて暖簾と読む。

古来、建物に直接風や光が入るのを防いだり、外からの目隠しとして、内外を柔らかく

仕切った布やすだれのことで、冬は寒風をしのぐ厚手の綿布を用い、夏季は涼しげな目の

透いた麻布、あるいは竹や葦を編んだものを掛けて吊るしていた。

暖簾についてちと調べたら冬用のものを「暖簾」、夏用のものを涼簾(りょうれん)と呼ぶのだ

そうだが「涼簾」の語は寺院などを除き、一般に使われなくなり、ただの「簾(すだれ)」と

なって今に至る。 ふ〜ん、なるほどね。

 

まっ、それはともかくエビス亭の調理場と洗い場の境目に暖簾を下げていたが、このほど

新品の暖簾に取り替えることにした。

 

森のちえぶくろうから

 

これっ、大阪は泉州の泉佐野長滝のだんじりの暖簾で、だんじりに命を燃やす平戸人(M.Kさん)

が、平戸に帰省した時のプレゼント。

この日、暖簾をかけた途端、熱い男のエネルギーが私の身体中に伝わってきまして、商売に

やる気満々です。

 

大阪時代、遠巻きながら何度も観ただんじり祭、燃えるぜ〜っ!。

 

 

エビス亭から

 

久々の釣、久々の雨

  • 2018.08.06 Monday
  • 00:19

久々・・・・・。と云っても4日ぶりのこと。

この日(8/2)、たまたま3時間ほどの空き時間が出来たため、急いで船を出すことに。

ところが毎日酷暑猛暑で魚の喰いが悪く、その上、潮止まり1時間前で期待薄。

暫くすると雲行きが怪しくなり、こりゃ一雨来るかもの予感見事的中。

合羽はいつも持ち合わせしているが着るまもなく雨が水面を叩き出して久しぶりの

スコールで30分ほど釣中断(後中止)することに。

 

振り向くと黒い雲が忍び寄る

 

久々の雨に少し感激するが、釣最中は迷惑だ。

 

 

 

大した獲物もなく帰港することに。

 

エビス亭から

 

 

 

沖に出たい。

  • 2018.08.02 Thursday
  • 00:15

 迷走台風12号、未だに平戸は風の影響ありで仕入れに行きたくても波風強く、我慢を強い

られています。で、ちょくちょく船の安全確認と涼しさ求めて係留場にお出かけです。

で、後の白大きな船は水産庁が所有する船、船名は『いきつき丸』で、係留本拠地は生月島、

どうやら船底塗装のためドッグ入り。

 

エビス亭丸、釣に出かけたいと叫んでます。

 

 

エビス亭から

 

 

 

 

たまには磨きをかけて

  • 2018.07.29 Sunday
  • 00:09

 年に3回ほど板の間や廊下に自前でワックスをかけるのです。

この板の素材は南洋チーク材で、豪華客船や大型クルーザ、はたまた帆船の甲板に用いられて

いる素材で、磨けば磨くほど光沢を放ちます。

作業としては暑い最中ですので”ちと”しんどいものがありますが、やり遂げた充実感を感じます。

 

 

 


エビス亭から

 

オリーブ茶を煮詰める

  • 2018.05.28 Monday
  • 00:08

 利尿効果と体内の余分な脂肪分を洗い落とす健康茶、『オリーブ茶』の効果は抜群だ。

しかし、そうは云っても適合する人と、しない人がいるが、私にはどんぴしゃと合うみたい。

飲用しだしたのは昨年の2月からで、毎日4~5Lは飲み、当時の体重は63.2kg。

で、それから15ヵ月後現在52.0kg前後をウロウロと。

それに余りにも脂肪分がなくなると、寒さに対応できなくなり、ちと困惑したほどである。

 

 

 

しっかりと煮詰めます。

 

2L入りのデキャンタ毎日2本は確実に飲干します。

 

エビス亭から

快適な調理場

  • 2018.05.27 Sunday
  • 00:17

  記事にのせるからと云って、特別に掃除をした訳ではないのです。

常にエビス亭の調理場は清潔に徹しているのが自慢です。

特に、オープンキッチンであるため、お客様の目線が調理場に行くようで、いつも云われ

ることは「凄い清潔ですね〜」とね^^。

まっ、お褒めいただけるのは大変嬉しいことですが、そもそも食を提供する以上、調理場が

綺麗で当り前の世界でして、昔からそう云った面に関しては厳しい修行を重ねてきた習慣が、

自然と身に染み付いているのでしょうね〜。

 

 

 

 

気持ちいいですよ~。

 

エビス亭から

 

半分青い。平戸の空は全部青い。

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 00:16

 

 

 朝ドラで4月から『半分青い』を放送しているが、今日の平戸の空は『半分青い』どころか

全部青い。

確かにドラマで”半分青い”は、ヒロインたちが青春時代を過ごすためのタイトル名であるが、

自然界の空の青々しさは、空に吸い込まれるような際立ちで、天空の空に向って飛んで行きたい

ような気持ちに駆られます。

また、ただ青い空を見るばかりでなく、木々に止まる小鳥のメジロやウグイスの声を聴きながら

自然界を味わうのも良いもんである^^。

 

 

 

 

エビス亭から

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM