半分青い。平戸の空は全部青い。

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 00:16

 

 

 朝ドラで4月から『半分青い』を放送しているが、今日の平戸の空は『半分青い』どころか

全部青い。

確かにドラマで”半分青い”は、ヒロインたちが青春時代を過ごすためのタイトル名であるが、

自然界の空の青々しさは、空に吸い込まれるような際立ちで、天空の空に向って飛んで行きたい

ような気持ちに駆られます。

また、ただ青い空を見るばかりでなく、木々に止まる小鳥のメジロやウグイスの声を聴きながら

自然界を味わうのも良いもんである^^。

 

 

 

 

エビス亭から

 

桑の木

  • 2018.05.13 Sunday
  • 00:09

 エビス亭の庭に桑の木があって、葡萄を縮小したような感じの果実が実るのです。

味的には甘く酸味があり、次から次に食べてしまいます。

そんな桑の実がたくさんぶら下がっており、7月頃の収穫が楽しみです。

 

 

実が黒くなれば食べごろでしょうか。

 

 

エビス亭から

鉄瓶のお手入れ

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 00:16

 

 4月半ばになると寒い間、囲炉裏席で頑張ってくれた鉄瓶(南部鉄製)のお手入れです。

この鉄瓶で沸かすお湯はとても柔らかく、お茶に良し、コーヒーに良し、焼酎お湯割りに良し。

ただし、使い始めてから14年目になると鉄瓶全体に錆が出てきますが、これなくして鉄瓶を

語れません。

 

内部外部ともカネダワシでゴシゴシです。

 

 

鉄本来の色です。

 

鉄瓶に含んでいる水分を火力の力で抜き、乾燥しきったら外部と蓋に耐熱塗料で塗れば

お手入れ終了。

 

エビス亭から

 

 

覗き見

  • 2018.03.29 Thursday
  • 00:10

 何のことだろうと思われがちだが、実はネコちゃんお話です。

実は最近、店の周りにノラ猫と思われる猫がウロウロとするようになり、図々しくも窓の袖に

飛び乗って店内を覗き見するようになり、追い払っても直ぐまた登る。まるでイタチごっこです。

まっ、こちらとて、猫と仲良くする気はまったくないが、愛情を傾けるより無情の方がいい。

下手な情けをかければ居ついてしまい、衛生的にも影響する。

 

 

エビス亭から

 

 

もぐもぐ

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 00:07

 北見カー娘にあやかって、もぐもぐタイムです。

と云うのも、平戸のイチゴハウスでは出荷の最盛期を終え、イチゴハウスの前に販売所を

設けておりまして2級品ではあるが、こんな大粒のイチゴが1P200円(12ケほどの大粒)が

販売されており、当店のお手伝いさんが毎日そこを通るんで、出てたら買ってきて〜と注文

したところ、運良く2Pゲットです。

 

1Pは従業員皆で分け、私が1Pぺロリです。で、これが最後の一粒です。

 

朝もぎなんで、イチゴの艶、葉の青々しさ、甘〜い香り、まさに新鮮そのものです。

いや〜っ、実に美味しかったですな〜。

 

エビス亭から

 

 

送別会

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 00:12

 先週の金曜日、平戸市内の或る高校の先生の送別会がエビス亭で行なわれました。

この時期になると、官公庁や教育関係者の移動時期で、通いなれた職場を辞令書1枚で

移動しなければならない運命に、送る人、送られる人それぞれ辛い別れが待っている。

 私にはそういった経験はないが、若い頃、名古屋から大阪へ料理修業に旅立つ時、名古屋駅

の新幹線ホームまで見送りに来てくれた彼女の泣く姿に、後ろ髪を曳かれたことを思い出すが、

別れとはほ〜んと、淋しいものですね。

 

 特に長崎は離島が多い県、港の岸壁で送る側と送られる側がテープを持って別れを惜しむ光景が、

TVでよく放映されたりするが、これほど辛い別れはないでしょうね。

まっ、平戸では現在離島ではないが、当時はそういった光景があったそうです。

 

そんなんで、30名様のご予約を承りまして、全室とカウンター開放で送別会の始まりです。

 

で、宴も終盤となり、最後の別れの挨拶も無事終了。

 

お陰さまで、こんなにも靴が並ぶのは久しぶりのこと。

移動される先生方々、新天地で新たなスタート頑張ってくださいネ。

本日はエビス亭ご利用下さいまして、まことにありがとうございました^^。

もし、よろしければ来年もお願いいたします〜(ペコリ)。

 

エビス亭から

 

 

 

ミートスライサー

  • 2018.03.23 Friday
  • 00:21

 

 10年前に購入したミートスライサーが作動不能になり、修理するのもメーカーに送ったりで

時間と修繕費が結構嵩むため、どうせならと2サイズ大き目の新機種を導入することにした。

なぜサイズUPしたかとの理由だが、肉を載せるスライドトレイ及び回転刃のサイズが以前より

1.5倍ほど大きく、大き目の肉でも楽々スライスできるのがありがたい。

 

嬉しくて直ぐに開封。

 

調理場に設置。さすがに大きいなと感じる。

 

この機種の回転刃はテフロン加工。なので、肉の破片が刃に付着せず安全にスライスできる。

 

スライスしたての新鮮な肉を、お客様に提供できることがなによりも嬉しい。

 

エビス亭から

 

動画UPしました

  • 2018.03.15 Thursday
  • 00:17

 お待ちどうさま〜。

最近、99ch塚ちゃんの仕事が詰まっていまして「編集する時間がまったくないんです。」

と言われた時、私は顔面蒼白、、、、アチャ〜><。

ところがそこは塚ちゃん、忙しいのにも拘らず数時間かけて編集に没頭、その甲斐

ありまして何とかUPに繋がりまして大々感謝です。

まっ、ともあれ動画をご覧下さいませ〜。

 

自分で自分の動画を観て感じることは、ほんま!顔の艶悪いし、瞼は落ち込んでるし、

つくづく老けたな〜と@@、感じますね。

でも、もう少しカウンターの前で頑張りたいんで我慢してくださいね^^。

 

エビス亭から

泥除けマット

  • 2018.03.12 Monday
  • 00:09

 

 エビス亭の外観は極めて自然体。

なので、真新しくすることは簡単であるが、外観の雰囲気に溶け込まない時がある。

かと云って、ここまで消耗したら換えらざる訳にはいかないのです。

 

 

馴染むまで時間かかるだろうな〜。

 

エビス亭から

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM