点検

  • 2018.09.14 Friday
  • 00:12

 ここ1ヶ月ほど沖に出ていなく、エンジンの老朽化を防ぐため試運転をこころがけている。

そんなんでエンジンを始動するのは10日ぶり。

スターターボタンを押すと力強くエンジンが動く。

さすが4ps、快調そのものです。

 

タップリと水蒸気を含んだ黒雲が迫ってくる。

 

2機とも一発始動。

 

勢いよく冷却水を放出。快調の証である。

と云うことで、雨に降られる前に急いで退散です。

 

エビス亭から

魚が消えた

  • 2018.08.20 Monday
  • 00:14

 潮目を確認して 一週間ぶりに魚の仕入で薄香湾へいそいそと午後からソラを連れて

出かけてみた。

気持ちは大物の鯛を2~3枚、アコウ5本、イトヨリ10尾等など、釣上げる予定だったが、

いくら頑張っても魚の反応はない。何でだろう?あのエソさえ当たりがない。

夕方の時合いがすぎ、何一つ釣れていないのである。

また考えた。何でだろう?、、、、と。

徐々に西に陽が沈みかけた頃、やっと手応えが来た^^、、、ぅん、鯛かな?。

釣り上げてみるとイトヨリだ。これが本日唯一の獲物である。

この日、たとえイトヨリ一尾でも涙が出るほど嬉しかったですな〜^^。

 

釣りの準備は楽しい。

 

道具箱開けてセッティング。この時が一番わくわくするんですよね〜。

 

西日が沈みかけたそのとき、竿先にゴツゴツと反応。

 

たとえイトヨリ一尾でも、それはそれは大変うれし〜いのです。

今日はこいつで晩酌です。

 

エビス亭から

 

 

暑すぎて釣れません

  • 2018.08.12 Sunday
  • 00:17

お盆連休も入った土曜日(8/11)の夕方、潮目を狙って釣りの猛者???と薄香湾に〜。

ところが台風14号の風の影響受けて、厳しい釣りとなったのです。

で、釣果と云えば自慢できるような魚も釣れ、申し訳なかったと反省です。

 

 

 

 

しっかし〜っ、釣はともあれ、生月島に沈む夕日だけは、抜群に美しかったですよ〜。

 

エビス亭から

 

行く気満々のソラ

  • 2018.08.10 Friday
  • 00:10

 台風13号の影響で海上での風速は7m余りであるが、海面の状況が荒れ模様で、

ちと厳しいな〜と思ったのですが、ソラは行く気満々でなんのその、、、、。

まっ、出港しても万が一の事を考慮し、港前で開始することにした。

 

港内は防波堤で風や波は遮られているためある程度穏やかである。

 

ところが、パラソルを立てるも強風に煽られ、本日は傘なしで釣行。

 

仕掛けはマイクロジギングのTG(タングステン32g)、4本のフック(針)装着。

いわゆる騙し釣りです。こんな仕掛けでいとも簡単に魚が釣れるもんですね〜。

 

ところが、港を出ると風が強すぎて、シーアンカーが全く効かず、仕掛けを落とすも強風で

船が流される中、当りが手元に反応し、上げてみるとミニサイズのヨコスジフエダイがお目見え。

当然のこと、放流です。

 

で、第二投に喰い付いて来たのは型のいいマハタ約700g(地元名:タカバ)。

しかしこの後、強風で釣りならず1時間ほどで中止することに〜(><)。

まっ、幸運にもマハタが釣れただけでも良しとしよう!。

 

エビス亭から

 

 

 

常に確認

  • 2018.08.09 Thursday
  • 00:05

  釣に出掛けるときは、必ず燃料確認を怠ってはいけないのが基本。

でないと、漂流して事故につながったり、人様に迷惑をかけたりするからである。

4Sエンジンの燃費率は驚くほど長持ちするが、気合だけは抜いてはいけません。

 

 

 

 

私の場合、タンクの目盛りが半分になれば補給、その繰り返し。

なので、安心して仕入れが出来ます。

それに地上で風速5〜6m予報なら海上では8m近くの風が吹き、水面はかなり白波が立ち、船は

揺れ、危険を感じるため、安全確保のため即、中止です。

 

エビス亭から

 

 

たまにはこんなことも

  • 2018.07.19 Thursday
  • 00:07

 連日の猛暑酷暑が続く日本列島だが、海上にいるとそこまでの暑さは感じられないが、

直射日光だけは避けましょう。

そんなんで、店の定休日(17日)、薄香湾へお客様と涼を求めて漁に行ってきましたが、

なんとなんと、パラシュートアンカーがペラに絡みつくアクシデントが発生。

これは船長たる私の不注意が原因で、どうやら船長失格(自信判定)のようです。

 

気温が高いと水温まで高く、魚の活性が悪い。

 

その後、スマアンカーが絡みつく。

 

いい運動です。

 

手を滑らしたら海水浴が出来そうです。

 

 

 

エビス亭から

 

釣ったら食べよう

  • 2018.06.29 Friday
  • 00:12

 自分で釣った魚を料理して食べる。

まさに『釣即是喰(つりそくぜくう)』である。

釣師の皆さま、釣った魚は海の恵、美味しくいただきましょう^^。

 

 

エビス亭から

こんな時もある

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 20:23

 海釣りする場合、潮時表、天候(風力・風向)、干満の時合等の情報で釣果が左右される。

魚の移動は、海中での潮の動き一つで行動範囲が決まり、大潮などの場合10km先まで移動

したり、小潮や長潮の場合、その場に留まることがあったりする。

なので、バカ釣れしたりする場合、潮が良く動き巡り、時合的にマッチングした時に遭遇する

奇跡の瞬間がある。

この日の午前中は全く駄目で、内心、今日は止めようか〜なんて思うことも。。。。

 

時には、小サバの群れが遊びに来たりして。

 

こんなとき、女神は居た。竿先に強烈な反応と手応えを。

 

ウヒッヒッヒッ〜。

思いも寄らぬ1kgサイズのクエをゲット!@@。

 

 

まさかのまさかの大珍事。こんな浅場にクエがいるなんてこれま驚き。

 

まっ、この方クエなんて釣ったことないんで平戸ギネスに認定しよう。

 

エビス亭から

粘り勝ち

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 00:09

 今年、初めての大鯛を数日前釣上げた。

5月末ごろから再始動した魚の仕入れだが、粘りに粘ってやっと日没寸前に大物の真鯛を

ゲットです。

釣った真鯛は約3kg、メス鯛だけに鮮やかなピインク色で、沈み行く夕日に反映されていた。

コイツに出会いたさに暇見つけて薄香湾に下るが、中々私の前には出てこないため、一種の

ストレスを味わっていたが、これで一気に開放感を味わいました。

 

カッチリと2本の針がかりでバラすことなくタモに収納。

 

大鯛を見るだけで、釣りの幸せ感を味わえる。最高です〜。

 

 

すでに時刻は19時過ぎ、綺麗な夕日が西の彼方へと沈んでいく。

あ〜ぁ、釣りはロマンである^^。

 

ソラはソラで、釣った小魚相手に遊べるんで、それなりに楽しんでます。

 

店のイケスで悠々と泳いでます。

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM