YOU-Tube繋がりで友達が出来た。

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 00:17

 1ヶ月ほど前のこと、国際電話が入った、

その方は札幌出身の日本人、現在は帰化してカナダ国籍になっているが、カナダに渡って

40年余り、異国の地で鮭やニシン(数の子)、タラなどの水産業を営んでいる方である。

彼曰く、動画の料理番組を観るのが好きで、観ては実践して家族や友人に料理を披露するらしく、

たまたまエビス亭の動画に辿り着き、すべての番組(55本あまし)を何度も何度も繰り返しては

観ているとのこと。

それで彼の気持ちがオーバーヒートし、今回、電話になった訳である。

私にとってそれは物凄い大きな出来事であり、心では申し訳ない!と思ってます。

しかし、その動画が人々のお役に立っているなら益々頑張りたいですね〜。

で、彼は水産業を営んでいるが、料理の腕前も確かなもので、その画像もご紹介です。

 

友人の海上テラスで過ごしている風景だそうです。羨ましい空間です。

 

これはレッドサーモン(紅鮭)。

ところが、この鮭のお腹には晩秋最後の産卵を迎えた鮭で、原住民のインデアンしか捕獲出来ない

貴重な鮭である。そのため、このお腹から採取されるイクラは幻のイクラで、国内で流通している

イクラよりはるかに貴重なのである。

 

そのイクラがこちらである。

思い切り炊き立ての飯に乗せてガバッ〜と豪快に食べたい。

 

で、彼が作ったラーメン、見事なラーメンである。

麺もチャーシューもメンマもネギや白ネギ、カナダで揃うことを初めて知りました。

出しの色からしてラーメンですね。美味そうやな〜。

 

日本人だけあって、和食の心得が伝わってきます。

彼から聴いてはなかったが、右上段の煮物はカナダマッタケかも?。

鉄瓶の中身はひょっとしてマッタケどびん蒸と睨んだが正解かハズレかメールして聞こう。

 

エビス亭から

you-tubeでつながるご縁

  • 2018.09.16 Sunday
  • 00:20

 ユーチューブを観て、遠方から平戸まで足を運んでくれるお客様が多くなりました。

その要因をお客様に聴くと、親方のキャラが好き〜っとか、カメラマンのカメラアングルと

編集技術が素晴らしく、映像を観ているだけでは満足できず平戸に行って、名物の銀杏の

大カウンターに座り、親方が造る料理を食べながら話をしたくなる衝動に駆られるそうです。

それはエビス亭にとって、大変光栄なことで、とてもありがたいことなのです。

で、先月8月11日に来られました大阪の浦上様も、私と出会えたことの喜びを手紙に綴って平戸まで

届けてくれました。

まして一緒に撮った写真まで送っていただけるとは感無量、涙がほろりと、、、、です。

 

 

 

いつものように記念撮影です。

その節遠くまでご来店くださいまして誠にありがとうございます。

また平戸に来る機会があればお越しください。お待ち致しております。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM