まるでパノラマ写真・・・・みたい。

  • 2019.11.01 Friday
  • 00:05

 パノラマ写真でないのが大変残念である。

先日、佐世保に出向くのに鹿町町から山越えルートを走行中、峠の付近の展望公園で車を止め、

平戸島をスマホでパチリ。

で、ちょっとズームにして九十九島を入れ込んで、川内峠を背景に写しました。

この日の天気は上々で視界も良く、頬を触る風も心地いい。

 

 

 

山と山の切れ目の奥に生月島がボンヤリと見える。

 

エビス亭から

海の暴れん坊シイラの動画UPしました

  • 2019.10.28 Monday
  • 00:08

 9月10月は生月島の沖合いにトビウオを追いかけて暴れん坊のシイラがやってきます。

ここ舘浦漁協ではそのシーズンになると毎年300t〜400tのシイラが水揚げされる

大きな漁場です。

そんなシイラを豪快に〆てエビス亭で料理です。

さて、どんな料理になるか動画でお楽しみ下さ〜い。

 

 

 

エビス亭から

収穫時期を迎えた自然薯の子(むかご)

  • 2019.10.17 Thursday
  • 00:12

今年、春先に芽を吹き出した自然薯(天然のヤマイモ)の子供(ムカゴ)が大きく

成長しまして、収穫時期を迎えることになりました。

 

雨の日も、風の日も、台風にもめげずに頑張った君たち、本当にご苦労様。

 

で、ご褒美にムカゴ飯で祝おうじゃないか。えっ?未だ獲っちゃ駄目?えっ、なななんで?。

その理由はね、葉っぱが黄色く色づいてからが食べごろだから、それまで待って!。

なるほど。。。。そう云うことか〜。

 

植物には植物の法則があるらしく、勉強になりますな〜。

 

そんなんで、黄色くなるまで待つことに。

そん時には絶対美味いムカゴ飯ができるやろな〜。

 

エビス亭から

ススキに見惚れて

  • 2019.09.30 Monday
  • 00:17

 

  川内峠は秋が深まるにつれ、峠一体に何千万本というススキが穂を広げ、アゴ風(北西の風)

に乗って新たに命を繋ぐ。

 

 

 

 

 

 

エビス亭から

秋が深まると果汁がたっぷり

  • 2019.09.26 Thursday
  • 00:10

 エビス亭の庭先に実るスダチであるが、秋が深まるにつれ香りがさらに増し、

果汁もたっぷりと溢れてきます。

それになんたって自家栽培なんで安心安全です。

 

大根おろしを添えてスダチをたっぷりかけた脂ノリの良い秋刀魚が食べたいですな。

どなたか着払いで送ってくれないかな〜?。

 

 

 

エビス亭から

台風被害こんなにもありやした。

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 00:08

 先日の台風17号による被害がこれだけエビス亭にありました。

多分、災害保険が適用されない程度であるが、直すのに手間と時間がかかる。

特に看板などは強風に吹き飛ばされて林の中に突っ込んでいたり、街路灯は倒木に直撃されて

真っ二つになるなどで思わぬ被害を被ったが懐からの出費が痛い〜。

 

見事に真っ二つ。

しかし、高価なLEDライトが割れなかったことは不幸中の幸いだ。

 

人の頭に当っていたら大事故かも。

 

10cmほどずれていたら被害は免れていたのに〜。

 

根元から折れて10mほど飛んでいて早速回収。新しく骨組みを作る事に。

 

ノコギリ、木槌、ツルハシ、杭、工具を積んでいざ出陣や〜。

 

スッキリと汚れも洗い落とし、骨組みも真新しくなって気持ちイイな〜。

 

このポイントはお客さんが一番迷うところの分岐点である。

 

ひらどライフカントリー入口に設置た看板も吹き飛ばされて回収したものの使い物にならず、

新しい看板を設置です。

 

本道から見えやすいように今度は2枚設置しました。足組みもしっかりと杭を打ちつけて

多分?大丈夫かも?ね。

 

 

エビス亭から

 

自然の飾り物

  • 2019.09.21 Saturday
  • 00:07

 自然薯の弦が毎年伸びて垣根に絡みつくはずだったが、今年、弦が何を間違えたか分らないが、

玄関先の看板に絡みつきまして自然のオブジェになりました。

絡みついた弦に花が咲き、ムカゴの子供が育ちつつあり、収穫がとても楽しみです。

 

看板の右側辺りからヒョッコリと顔をだしていたので巻きつくようにとお手伝い。

 

来店するお客様もまさか自然の植物と思っていないようでして、経緯を説明です。

 

暖簾の裏側から撮っておりますので文字は当然反対です。

収穫時期がきましたら美味しいムカゴ飯でも炊きましょう。

 

エビス亭から

スダチ

  • 2019.09.09 Monday
  • 00:12

 9月2日の記事に少しだけスダチの話にふれ、それから1週間後の今日、数粒ほど

収穫した結果、以前よりさらに濃厚さを醸しだしてきました。

今年は、昨年より少しほど実りが良くて一安心。

 

 

栽培物と違いまして、どちらかと云いますとエビス亭のスダチは種が多いのが特徴です。

15年間、肥料は与えていない分、強く生き抜いています。

 

エビス亭から

百足(ムカデ)

  • 2019.09.06 Friday
  • 00:16

 誰もが嫌うムカデ。

その気持ち悪い容姿と足は百もないがその動きは素早く、チョッとした隙間から侵入する。

つい先日のこと、この気持ち悪いムカデに足の親指をガブッと咬まれたのです。

それも平戸に来てから(23年)通算9回目を数えるが、今では慣れて抵抗力が付いたのか

チクッとする程度で腫れることはない。

ところが、2cm〜3cmほどの子供のムカデは毒性が強く、1時間ほど咬まれたところが

ジンジンする。

私の場合は例外であるが、ムカデ毒に弱い人はバンバンに腫れ上がったり、解毒作用が

効かない人は発熱したりして大変である。

 

私の親指を咬んだ後、逃げるムカデにスリッパで一撃、二撃かますと奴は失神。

 

ムカデは言った。お許しくださいと。

 

このクラスになると両牙が鋭く、咬まれた瞬間チクッと痛みが走るがそれ以上腫れることは

なかったのである。

 

で、その後のムカデは絞首刑にて没(チ〜ン)。

言い方を変えれば、私の前に現れたこ奴は運が悪かったのである。

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM