忍者 ヤモリ

  • 2018.05.05 Saturday
  • 00:09

  私的にはこの種(爬虫類)の生き物は大の苦手である。

で、この爬虫類は何かと云いますと、実はヤモリ(日本守宮)。

春から秋にかけて事務所の窓ガラスにへばりついて虫を捕食するのですが、お出まし時間は

周囲が暗くなる頃で、多いときは5匹ほどが虫を追いかけて運動会。

 

爬虫類マニアなら欲しがるサイズでしょうね。

 

足の裏には吸盤のようなものが全ての指についてます。

 

私にはやっぱし気持ち悪い生物です。

 

エビス亭から

雨前の川内峠

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 00:14

 早くも今日5月入りした平戸の空は、午後からどんよりと曇りだして明日は雨予報。

そんな事で雨が降る前に、ソラ連れて川内峠までお散歩です。

峠に着くと観光客もまばら。さすがに連休の合間はひっそりと静かである。

 

こんな大型バイクで川内峠をたまには走ってみたいな〜。

これでも私は大型二輪免許保持者ですからね^^。

 

おっ@@、観光バスが目の前を素通りだ。

 

いつものとおり、犬の習性なのか周囲の見回りを怠らないですね。

 

 

エビス亭から

木の芽(山椒)の芽立

  • 2018.04.13 Friday
  • 00:06

 この時期になると、我々料理人が最も待ち望んだ木の芽が芽立ちする。

その上、何〜んにも手入れもしないで自家栽培が出来るので超!ありがたい。

木の芽を収穫するときは鋏を使わずに指先で摘み切り、なので、木の芽独特の香りが指先に

付着し、なんとも云えない香を楽しめます(私は木の芽の香りが大好きなんで〜^^)。

まっ、筍の木の芽和えもいいが、平戸では天然ワカメが旬を迎えていまして、若芽に筍の

煮浸しに木の芽を添えて食べるのが最高です。

 

特にエビス亭の木の芽は、日陰に隠れて育っているせいか、香抜群!。

 

山椒の実もすでに芽生えています。

 

エビス亭から

野鳥

  • 2018.04.06 Friday
  • 00:14

 平戸には野鳥がたくさん棲んでいる 。

温かくなる季節になると頻繁に人目に付くところに出没するが、いたって警戒心は強く、

身の危険を感じると直ぐに飛びだってしまう。

セキレイの一種だろうかこの野鳥、年間通してよくあちこちで良く見かけるが、ほとんど単独で

行動している気がします。残念ながら鳴き声だけはまだ聴いたことがない。

 

 

 

 

野鳥に詳しい方にお願いします。

名前教えてくださ〜い。

 

エビス亭から

月に鳶

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 00:17

 或る日の夕方近く、 東の空に欠けた月がぽっかりとお目見え。

で、カメラを向けて写真撮りしてる最中に数羽の鳶が飛来してきまして、偶然にもパチリです。

花札に「月と雁」と云う小役がありますが、鳶では雰囲気も今一つでございます。

 

 

 

エビス亭から

夕焼桜

  • 2018.03.31 Saturday
  • 12:04

 今週火曜の夕方の事、西に落ち行く夕日が対岸に咲く満開の桜を照らしていた。

当日、偏西風に運ばれて飛来するPM2.5の影響で空はぼんやり。

春霞というよりも大気汚染で心はモヤモヤ気分、そんなんで夕日に照らされた桜が唯一、

目を楽しませてくれました。

 

海峡を照らす夕日がいつもと違うのを感じます。

 

桜はすでに満開だ。

 

ソラは相変わらずどこに行ってもクンクンと嗅覚のトーレーニング。

 

 

エビス亭から

 

 

 

ひらど千里ヶ浜

  • 2018.03.30 Friday
  • 00:14

 余りにも天気の良さに誘われて、ソラを連れ千里ヶ浜に出かけてきたのです。

千里ヶ浜は綺麗な砂浜to遠浅の海で、夏には各地から海水浴を楽しむ観光客が訪れます。

この日は丁度、千里ヶ浜で乗馬クラブの馬が調教をされていまして、馬の姿に惚れ惚れです。

 

 

 

座った浜にはクローバーが自生してまして、そこにはテントウムシのカップルが楽しそうに

遊んでいました。

人も動物も昆虫も、春になると冬と違い伸び伸びと動きがよくなりますね^^。

 

エビス亭

低気圧が去ったあとは

  • 2018.03.11 Sunday
  • 00:11

 季節の変わり目に必ずやって来る春一番。

それに加え、春二番も自由に吹きまくったつい先日、エビス亭の道標となる看板をまたまた

倒されまして去って行きました。

とりあえず自分なりの持ち合わせた技術で補修です。

 

補修と云っても大したことではないが、新たに杭を打ち込んで針金でグルグルと巻いた

だけであるが、ちょっと太目の針金だけに巻くのに苦労です。

 

不細工な補修であるが、倒れて目立たないより、目立つほうが当然のこと良いのである。

 

エビス亭から

 

強風が吹くと次の日は

  • 2018.03.08 Thursday
  • 00:14

 強風が吹くと次の日は必ず落葉の掃除です。

川内峠に通じる道路からさらに80mほど奥まったところにエビス亭があるため、落葉が

あると大変見苦しく、翌日には必ず清掃しないと気が治まらないのです。

かといって、気になるのは私ぐらいでして、殆んどの人は気に留めることも無く無関心だ。

 

BEFORE:清掃前

 

AFTER:清掃後

 

はぁ〜はぁ〜、ぜいぜいしながら店の裏勝手まで50m両サイド、それも登りあったり、下ったり

で大変、しかし、弱った足腰の鍛錬には丁度いいが、誰かせめて「お疲れさまでした〜とか、

よく頑張りましたね〜」とか、言って欲しいな〜。

 

エビス亭から

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM