後の後悔先にたたず

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 00:05

  昨日、午後2:45分から東京日本記者クラブで、日大アメフト部宮川君の記者会見があった。

この記者会見は皆さんもすでにご存知のとおり、反則タックルをした中心人物であるが、記者から

「それを指示したのは監督ですか?」との質問に対し、はっきりと「監督です」と発言した。

しかし、それはどうであれ、健全であるべきスポーツ精神はどこへ消えたのか。

指導者とは、相手を傷付ける教育をしているのか。

勝つためには何をしてもいいのか。

ふざけるな!、監督・コーチ、頭がおかしすぎる。

 

宮川君も、大変なことをしてしまったとしているが、何故?もっと深く考えなかったのか。

事を起してからでは、反省しても遅いのだ。

 

これから日大アメフト部の存続は厳しく、世間の目は許せないだろう。

彼を始め、頑張ってきた選手たちが可哀想である。

特に彼、宮川君の芽を摘んでしまったのだから、、、、。

 

エビス亭から

 

なんと!詰め放題100円也

  • 2018.04.30 Monday
  • 00:18

 昨日のこと、農業法人「ひらど新鮮市場」で、朝水揚げされた新鮮なマメアジとキビナゴの

詰め放題100円コーナーが出されていた。

 詰め放題の袋は、幅120mm縦200mmのナイロン袋が用意されていて、詰めるだけつめて

レジで精算するというシステム。観光客が我先にと大受けだった。

都会の魚屋さんとかスーパーで買うより断然安く、それよりも新鮮さが一番なのかも。

 

 

 

から揚げして南蛮漬けに、、、。小さくとも頭骨を取って刺身によし。

 

キビナゴも爪先で開いて酢醤油で食べるのもよしである。

 

エビス亭から

ビールのおつまみにはエビ煎

  • 2018.04.27 Friday
  • 00:16

 最近、コンビニでよく見かけるようになったこのエビ煎、とにかく美味くてビールに

ピッタシのおつまみである。

その上、130円ほどだがそれ以上の価値在りあり煎餅なのだ。

私の実家は元々名古屋。

名古屋名物と云えば大須ういろうとか、坂角のエビ煎餅(ゆかり)があるが、

その坂角のエビ煎餅に似た味なんで、ついついコンビニで手が出てしまう。

 

トレードマークのでかいエビ。あの有名な新潟の亀田製菓である。

 

ネーミングの響きがいい。

 

うす焼き。食べやすい。食感がいい。企業努力が見える。

1袋13枚入り(32g)、丁度良い。

 

エビス亭から

平戸オープンガーデン

  • 2018.04.19 Thursday
  • 15:02

 毎年、この時期になると旧平戸藩武家屋敷を中心にしたオープンガーデンが開催される。

今年は例年より多くのお庭が公開されているようでして、会を重ねるたびに盛上っているのが

嬉しいですね。

 

また、お出掛けになられる方にチョットだけご注意点のご案内いたしましょう。

 △子様連れの方は、お子様を庭で走らせたり騒がせないようにお願いします。

◆▲▲襯魁璽詢爐了込や大騒ぎはご法度です。

、携帯電話での着信音・通話等はお控え下さいね。

ぁ花や枝を折ったりしないで下さいね。

ァ庭の苔(コケ)は数十年かけて大事に育てていますので、石畳を歩いて下さいませ。

  以上、エビス亭からのお願いです・・・・・。

 

 

 

 

エビス亭から

オーガスタ

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 00:16

 球聖ボビー・ジョーンズが造ったオーガストで、世界最高峰のゴルフ大会『マスターズ』の

最終日を迎え、深夜から一睡もせずにゴルフ観戦をすることに。

日本人選手の松山英樹の成績はー3(19位)、また、小平智は+-0(T28位)だった。

特に小平智は初出場でありながら、安定したゴルフを展開、観ていても安心だった。

 

今大会の覇者は米国のP・リード(-15)で初優勝だったが、R・ファウラー、J・スピースに

追撃されたが、何とか逃げ切ったのが印象的だった。

 

また、T・ウッズは3年ぶりの出場だったが、未だ本格的な彼の持ち味、切れがなく、

ジレンマを抱いたゴルフに感じたな〜。

 

 

 

エビス亭から

創作書道家〔優和恵:ゆうわのめぐみ〕アトリエ訪ねる。

  • 2018.04.02 Monday
  • 00:13

 一週間前の話になるが、吉井町にある創作書道家「優和恵:ゆうわのめぐみ」アトリエを

訪ねてきました。

実は優和恵さんは、映画の題字やTVの題字を書く創作書道家であるが、いつのまにか自身に

特殊能力があることに気付き、スピリチアルの世界に精通するようになり、今では全国多くの

相談者を救っている。

ところが此度、私もそのうちの一人として、亡きエビス亭の女将の安否を伺ってみたところ、

数々の思い当たる節を説明された時、なんでそこまで分るんだろう?と認めざるを得なかった

のが現実。

また、女将以外の話でも、新しい事業を4月から展開されるでしょ!と云われたとき、とっさに

「えっ?」、、、「なんで分るんですか???????」。

ええ、貴方がここへ来る以前から分っていましたと一言。

☆これには実際驚き。それ以外にも数々の驚きが連発したのです。

 実際、こればっかしは自身で体験してみないと分らないことですが。。。。

 

 初めて彼女、恵さんと対面し、崇拝な霊能者でもなく、預言者でもなく、発する言葉は丁寧で

思いやりがあり、彼女の心に浮かんだ言葉を伝えてくれる。

 

こちらが優和恵(ゆうわのめぐみ)アトリエである。

 

オフィスに入ると恵さんが書いた創作書道の作品が並べられている。

 

私が目に入った書、その一

 

私が目に入った書、その二。

聴いてはないが、人を好きになれば揉め事がなくなると云う意味だろうね。

 

運命とは神のみ知る世界と思われがち、たとえそうであっても生きる目標があれば

1日、いや、もっと延命できるはず。

皆さん、笑顔で前向いて歩きましょう。

 

私に書いてくれた書です。

『晴れる心』、そう読みます。

この書をいただく前までは、心の隅のどこか曇っていたんでしょうかね〜。

エビス亭はまだまだ頑張ります!。

 

もしよろしければホームページで「長崎県吉井町 優和恵(ゆうわのめぐみ)」で検索して

みてください。彼女のプロフィールが紹介されてます。

 

 

エビス亭から

 

高速游漁船『寿風号(よしかぜ)』

  • 2018.04.01 Sunday
  • 00:07

  高速游漁船『寿風号/よしかぜ』は、玄界灘を主に庭とし、世界遺産沖ノ島や対馬海峡、

上五島、生月島沖合い等、大物を釣らせる高速游漁船で船長近藤氏は腕利きの船長である。

ときには、壱岐沖でホンマグロを釣らせたり巨大なヒラマサを狙ったり、釣り客の信頼度は

すこぶる高く、頑張り屋さんでもある。(本拠地:佐賀県伊万里市伊万里湾)。

また、寿風号にはマドンナ絵美様が常に乗船しており、釣り客のアシストもしっかりこなし、

時には竿を下して大物をゲットするらしい。

 

そんな彼との付き合いは、およそ2年ほど前からで、大のエビス亭ファンでもあるのです。

つい先日、田平蒲田港へドック入りの為、ご来店し、翌日、一目見たさに田平蒲田港まで

行ってきました。

 

寿風号(よしかぜ)は、全長18m、全福4.5m、800psのエンジを積み、燃料タンクは3,500L。

最高速度は35ノット(約55km)とメチャ早く、いつかはこれに乗り込んで、未だ見ぬ超大物に

巡り合いたいものである。

 

ドック入りしたのは今よりもさらに安定感を保つためのフィン(安定版)取り付けたとのこと。

 

船尾

 

コクピット

 

新たに真鋳のスクリュー取り付け。なななななんと、このペラだけで85万。凄げ〜っ。

 

コクピット内部。計器だらけで私にはわかりまへん。

 

オートパイロット。設定一つでポイントまで直行だ。

 

中央が寿風号キャプテン。

左はマドンナ絵美様。

右は船大工の職人さん。

 

これに乗って大物を釣りたい方はエビス亭までご一報ください。

エビス亭だけに、大物が期待できますよ〜。

 

エビス亭から

城下雛まつり

  • 2018.03.10 Saturday
  • 00:14

 ブログ掲載が少し遅れたが、ひらど市街地では『城下雛まつり』が2月〜3月一杯まで

開催されている。

平戸城真下にある観光協会売店では、毎年ひな壇を飾っていまして、訪れる観光客の

目を楽しませているのです。

平戸城真下だけに、城下雛まつりそのものである。

 

 

 

エビス亭から

百円寿司行って来ました

  • 2018.03.09 Friday
  • 00:14

 

 一世風靡した回転寿司、当時は客席の周りをベルトに乗って寿司がクルクルと廻っていたが、

最近、その手は古いらしく、客席に座ってタッチパネルを押すだけで好きな寿司を注文できる

システムになってるらしい。

で、つい最近、勉強のため佐世保郊外の一皿100円寿司に行ってきやした。

 

国道筋だけにとても入りやすく、駐車場には車がほぼ満杯。

 

で、カウンターを指名すると座席の前はタッチパネルが設置されていて「なるほど!、こりゃ

便利」。その上、ネタが乾燥した寿司喰うより、出来立てが喰えるのはありがたい。

 

とりあえず、好きなマグロ3皿注文。

 

暫くすると目の前に3皿到着。

 

見ると確かにマグロ。値段が値段だけに納得する。

 

醤油も6種類ほど用意されていて、営業努力が伝わります。

で、ついつい調子に乗っちゃいまして歳を忘れて14皿積み上げました。

 

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM