穂がなびく

  • 2020.10.01 Thursday
  • 00:07

 平戸の景勝地、川内峠にめっきり秋の兆しがやって来た。

この時期は空気が透んでいて、ここから360度見渡す景色九州本土田平、鹿町、小佐々、

佐々、佐世保まで点々と大小さまざまな島があり、その連なる島を九十九島と呼び、

ここ川内峠から臨むことができる。

また、北東方面に目を移すと大自然豊富な生月島や世界遺産の中江ノ島、玄界灘、対馬灘、

天気が良ければ韓国に近い対馬、壱岐も見える。

たった236mほどの小高い山に車で来ると、壮大な素晴らしい景色が待っている。

 ところで私がお薦めしたいのは更にもう一つ絶景がある。

それは峠を埋め尽くす何千万本のススキ群である。

10月も入ればこれから一斉に穂を白く染め、やがて穂に種子を咲かせ子孫繁栄のため、

知らない所に風に運ばれ、種子の運命が決まる。

まして夕暮れ時など西に落ちる太陽の位置次第でススキが黄金色に輝くのである。

まだそれだけではない。

風って目に見えないのは当り前、しかし、感性豊かな方なら峠を吹き抜けて行く風が見える。

激しい風、強い風、優しい風、そよぐ風、それはススキの穂が物語ってくれます。

そんな大自然が織り成すクライマックスの幕開けだ。

 

 私個人的な感想を云えば、何千万本のススキが一斉に泳ぐって、凄い光景ですよ。

 

 

エビス亭から

 

ドクターヘリ

  • 2020.09.30 Wednesday
  • 00:08

 昨日の午後の事、第3駐車場にドクターヘリが飛来し、急患を乗せて佐世保に

向って飛び立った。

佐世保総合病院まで車で行くと約1時間、救急車になれば45分、ドクターヘリとなるとなんと、

8分ほどで到着。空は渋滞もなく一直線、まして視界良好である。

たまたま搬送される方は知人のお母様で、階段から転げ落ちて全身打撲と頭を打付け、

脳内出血を懸念してそれなりの施設へ搬送となった。

 

 

 

ご無事を祈ります。

 

エビス亭から

最近嵌った朝食

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 00:19

 それぞれ、朝ごはんの食べ方は決まってないが最近、私は嵌っている朝食がある。

が、真似しないほうが云いと思う。

で、その食べ方を解説すると、、、、。

 

まずは半熟卵焼きをつくり、卵に穴を開けてウスターソースを少量垂らすのである。

一つはそのままで食べて、もう一つはスプ〜ンで卵をすくって暖かいご飯にかけ、少量の

ウスターソースかける。

 

不幸にもパックご飯であるがこんな感じである。黒っぽいところはソースである。

 

で、さらにイカの塩辛を乗せて食べるのだ^^。

私の職業は料理人であるが、料理人を離れた料理も素朴で面白い。

 

エビス亭から

よくぞここまで頑張った

  • 2020.09.21 Monday
  • 00:07

 エビス亭の機動力、軽トラックが塩害による錆がボディーまで浸食、その上、

荷台はボロボロ、それも仕方がないことで海水を運んだり、活魚を運んだり、

薪ストーブの薪を目一杯に運んだりして大いに活躍してくれた。

しかし私的には乗り慣れた車だけにお別れ(配車)するには寂しいが、本当に

良く頑張ってくれたと涙が出るほど感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

エビス亭から

戴き物はありがたく即!

  • 2020.09.01 Tuesday
  • 00:08

 戴き物は即!、試食したり試飲したりする嫌らしい性格の私、今日は思わぬ

戴き物の酒と旨い肴、、、嬉し涙がポロリと滲む。

何故そうなるか言いますと、移動距離から重たい荷物を背負い、私のためにとわざわざ

持参してくれて、こんなありがたいことは感無量。

で、何方のお土産と申しますと、チャックワゴンのスタッフさんの妹さんで、現在、新潟在住

であるが、故郷平戸にお帰りになられることがあり、数度、店でお逢いしたことがありまして、

私の酒好きを見抜かれたようです^^。

そんなことで早速、お酒を冷やして吞むことに。

お酒は新潟佐渡島の北雪酒造大吟醸NOBU、新潟では珍しいきりっとした辛口タイプである。

ツマミは酒にピッタシの明太高菜漬け、最高のマッチングです。

 

一口、ぐびり!。喉が痺れる〜。

 

美味しいからと云って、吞みすぎに注意しましょう。

 

エビス亭から

 

 

ダイヤモンドが届く

  • 2020.08.31 Monday
  • 00:08

 

 一昨日、娘夫婦から誕生日祝い(9/2)にと、紀州南高梅のダイアモンド梅が届いた。

で、パッケージを開けると大粒の梅に金粉が振りかかっていて、高級感タップリ。

早速、一粒パクリ・・・・・こりゃ美味い!。続けてもう一粒パクリ。元気がでる^^。

梅干は昔から夏バテ防止に良いとされており、まだまだ続くきつい残暑を乗り越えるには

一番だが、高級な梅だけに暫くの間、眺めるだけにして我慢いたしましよう!。

 

 

 

思わぬプレゼント贈ってくれてありがとう。

 

エビス亭から

田平公園から

  • 2020.08.15 Saturday
  • 00:10

  田平公園から平戸大橋を見下すと平戸城からオランダ商館まで見える。

まして田平公園は小高い丘になっていて物凄く風通し良く、納涼には抜群である。

 

 

風通しが良いんでかなり涼しいよ。夜は寒いくらいかも。

 

エビス亭から

昼間、イノシシと出逢う

  • 2020.08.13 Thursday
  • 00:14

 昨日夕方の事、小雨降る中、平戸田平町深月免あたりの農道を走行していたら40kg(約3歳)

ほどのイノシシが道路をウロウロとしていて、警笛を鳴らすと慌てて田圃に飛び込んだ。

それでイノシシに向ってお前こんなところで何してんやっ!と怒鳴ってやったが、相手は

ぽか〜んとした顔で、変なオッサンやな〜と呆れて去って行ったのである。

普通、イノシシの昼の行動は草むら辺りか雑木林で寝そべっているのだが、余程の事がない

限り餌を求めて単独行動はしないはずであるが、果たしてどうであろう。。。。

 

相手も恐いがこちらも恐いにらめっこ(推定距離40m程だった)。

 

 

エビス亭から

 

風車

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 00:12

 風車。

いま、どこへ行っても自然エネルギーを取り入れている市町村が多くなり、まして個人では

メガソーラーをしたりして原子力発電に期待せずして電力供給は万全である。

遠くで見る風車はゆっくりと回っているように見えるが、近辺にいくと風をうけて羽を回す

音が大きいが、風速20mも吹けば自動的に止まるように設計されているらしい。

また、風の吹く方向により自動的に羽の位置が変わり風をうけるのである。

 

 

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM