歴史ある平戸の猶興館高校

  • 2014.07.26 Saturday
  • 00:20
 そう、正確に云えば長崎県立猶興館高等学校である。
しかし、こちらの高校は相当な歴史を歩んできた学校でして、旧松浦藩主松浦詮(アキラ)公が
廃藩置県の後、旧藩士などの師弟教育のために『私塾猶興館』を設立したのが始まりでして、
その後、明治13年(1880年9月1日)、長崎県立猶興館高等学校として創設されたのです。
猶興館高校はもともと平戸城の敷地内にあって、その校門は堂々としてて、創設されてから
30,000人余りの生徒を世に送り出しているのです。


また、猶興館高校の高名の由来は中国の古典『孟子』巻七の尽心章句上にある
「孟子曰く、文王を待ちて、而る後に興るものは凡民なり。かの豪傑の士のごときは、文王無し
といえども猶興る。」から来ていて、すなわち、才知や徳のある「豪傑の士」と言われる人は
他に頼ることもなく、文王の教えがなくても自発的に立ち上がって善を行うことができると
「自主自発」を説いているのです。


城壁と石垣が歴史を語る。その上、立派な門構えが光る。

              「長崎が君の鼓動で熱くなる」




最近の事だが、少子化の影響でどこの学校も新入生が激減しているらしく、数年前までは
猶興館大島分校(的山大島)があったのだが、その影響で現在は閉校となっている。

こうして見ると、ヤッパリひらどは歴史の島だよね。
学校まで、その歴史がしっかりと刻み込まれているんだから〜。


エビス亭から


 
コメント
埼玉県在住の猶興館卒業生です。偶然にこのサイトを見つけて
大変に懐かしく感じました。一つだけ冒頭の記述に誤りがあるようです。戦後1921年までの校名は「長崎県立中学猶興館」で
ご紹介の「長崎県立猶興館高等学校」はその後の学制改革後のものです。ちなみに小生は旧制中学猶興館の最後の卒業生と
同時に(新学制2年目に編入された)猶興館高等学校の卒業生
でもあります。
  • 盒 儀徳
  • 2020/04/08 8:03 PM
再信 前便の「戦後1921年」は昭和21(1946)年の誤りでし    た。
  • 盒 儀徳
  • 2020/04/08 8:28 PM
高橋様
こんにちは。
ご指摘くださりまして誠に有難うございます。
ところが、文章の修正をしようとやり始めたのですが、
この記事のトラックバック機能が既に期限切れで修正ができなく困り果てておりましたが、このコメント欄で改めて修正文章を書き入れいたしますのでご了承ください。

【訂正箇所の文面】
明治13年(1880年9月1日)、長崎県立猶興館高等学校⇒明治13年(1880年9月1日)長崎県立中学猶興館。
その後、昭和21年、学制改革のため、長崎県立猶興館高等学校
となる。
  • エビス亭
  • 2020/04/09 8:50 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM