活魚の仕入れ

  • 2014.08.27 Wednesday
  • 00:17
 この魚、地方名のほうが圧倒的に分かりやすい魚でして、通称名は三の字とほぼ全国で呼ば
れている魚でして、本名は仁座鯛(ニザダイ)と呼ぶ。鯛と漢字でかかれはしているが、鯛科
とは程遠く、スズキ科に分類される魚なのである。
では、何故?三の字と呼ばれるのかと言いますと、尾ビレの付け根から黒い突起物が縦に3っ
ありまして、それが和数字の三に見えることから三の字(サンノジ)と呼ばれているのです。


この魚のよいところはウロコなるものが無く、取り扱いに余り気を使わない魚でして、肉質は
とても綺麗な白身魚なのであります。
この魚の旬は7月〜9月ごろで、今が最も脂のりが良く、いちばん美味しい時なのであります。
まぁ〜、私がこの魚を呼ぶときはチャン付けでして、言うもでもなく三ちゃんと呼ぶのです。


画像を観てもお分かりでしょうが、お腹周りは”あなた”と同じでパンパン^^。アハハハハ。


私が最も得意とする一発〆、血抜き、神経抜き。
まるでスーパマンのような素早い処理で、、、ね^^。


ほらね。お腹周りの体脂肪はこんなんです。
三ちゃんのお造り(刺身)は薄造りがお薦め。タレは刺身醤油よりポン酢がいちばん。
同じ磯魚のイシダイやイシガキダイ、旨さはそれより遥かに上回るのです。

そういうことで今日はこれにてお別れを・・・・では、ごきげんよう。(花とアン引用)

エビス亭から
 
コメント
二ザダイがイシガキより美味いとは結構ショックですね^^:
ちなみに「〜ダイ」系の魚の中で親方さんが一番美味いと思うのは何ですか?

  • 名無し
  • 2018/10/06 12:58 AM
名無し様
コメントありがとうございます
随分前に載せた記事なんでコメントいただけるとは驚きです。
これはあくまでも個人的な主観ですが、この時期のニザダイは脂肪、肉質抜群ですよ。それに一般的には磯臭いと思われがちでしょうが、平戸近海のニザダイは全然違いますよ。特に薄作りしてポン酢は最高ですね。
巷に私が一番旨いとする「〜鯛」はメイチダイ(地方名;メシロ)ですね。他のタイ族とは比較にならないでしょう。
よろしければメイチダイの記事を載せていますのでご覧下さい。
では、又のコメント楽しみにしております。
  • エビス亭
  • 2018/10/06 10:37 AM
いえ、こちらこそ些末な質問をして申し訳ないです^^:。
シロアマダイでも明石鯛でも無く、メイチダイですかあ。最早聞いたことも無いですね。
是非メイチの記事の方も涎を垂らしながら拝見させて頂きます。
  • 名無し
  • 2018/10/06 5:14 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM