騙されたカサゴ

  • 2017.09.10 Sunday
  • 00:09

 カサゴ。

漢字で書けば笠子と書く。

カサゴは関東圏での名称であるが、全国的にカサゴで通る美味い魚である。

関西圏ではガシラ(大きい頭を指してそう呼ばれている)。

山陰ではボッカとかボッコウと呼び、四国徳島ではカガネと呼んでいるそうな。

九州圏ではアラカブ、平戸でもアラカブと呼び、アラカブの味噌汁が有名である。

 

そんな名前多きカサゴであるが、タイラバ釣りでちょくちょく仕掛けに騙されて釣れてくるが、

針掛りした時に少し暴れるが、糸を巻上げる度、観念したかのように抵抗しなくなり、とても

不思議な魚である。

料理方は煮付け、塩焼き、唐揚げなどがオーソドックスであるが、骨の髄までしゃぶれる味噌汁

が良い。

 

疑似餌(タイラバ)に騙された良型のカサゴ。

 

タイラバのし掛け。

その日の状況により、仕掛けを取り替えることがある。

 

 

エビス亭から

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM