ヒラスズキ

  • 2017.12.03 Sunday
  • 00:07

 

 ヒラスズキはスズキ目スズキ科スズキ属に属する魚類で、関西、四国では別名モスとも呼び、

スズキ類の中でも最高級とされる魚である。

一般的に呼ばれるスズキは丸スズキのことで、これ以外に大陸スズキ(別名:星スズキ)、

ヒラスズキの三種が日本沿岸に棲息し、釣りファンにとって、ルアーの対象魚として有名だ。

画像のヒラスズキは未だ小さいが、大きいクラスになると3~4kgほどあり、生月島の荒れた

岩礁地帯を狙ってルアーで攻める釣師も多いが、それなりに漂流事故が多く、命がけの釣行と

なるため、要注意である。

 

ヒラスズキの特徴は、頭部から背中にかけて急に体高が高くなり、尾尻のくびれが太短い。

 

また、他のスズキ類とウロコが異なり、綺麗に整然とされた配列で、見た目にも美しい。

それ故に、身肉も白身で大変に美味、料理には刺身、塩焼き、鍋でシャブシャブ、オリーブ

オイルとハーブの香草焼き、等々etc。。。。

 

尾尻のくびれ。

生月島水産時代、マルスズキやホシスズキを釣ったことがあるが、未だにヒラスズキを釣上げ

たことがなく、一度はそのファイトを体験したいと思っている。それも命がけで〜^^。

 

 

エビス亭から

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM