寒グレ(口太)

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 00:13

 12月に入ってから急激に水温が低下、その分、魚の体脂肪率が高くなり、殆んどの天然魚が

旨味を増し、我々にとって上物の魚を提供できることで、仕事冥利につきます。

先日、仕入れた寒グレ1.5kg(九州ではクロお呼ぶ)、画像を見れば分るが相当な脂乗りである。

また、左側の魚「平鯛(ヘダイ)」も脂がノリノリで美味そうだ。

 

 

 

身下しすれば、背筋・腹筋とも脂肪がビッシリと張り付いていて、文句なしの上物である^^。

自慢ではないが、こういった魚を仕入れるには目利きが全て@@である。

それには長年に渡る仕入の経験を活かして、魚全体の丸みを見極め、更に腹側を手で触っては

確かめるのである。

なんで?、腹側を触るのか?と、聴きたい方は沢山いると思いますので、その理由を公開。

それは人でも同じですが、体脂肪が多い方は、肌から脂肪が滲み出て、ベッタリとしているが、

人である以上、シャンプ^して身体を洗いますが、魚の場合、シャンプーは出来ないため、

脂肪が滲み出てくるのです。

まっ、そんなんで魚屋に怒られない程度でご確認されたし^^。

 

エビス亭から

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM