平戸を代表するポスター

  • 2018.02.24 Saturday
  • 00:32

 私が推奨する『平戸を代表するポスター』はこの2枚の大ポスターである。

その1枚目は平戸市に点在する14ケ所の教会で、当時、キリシタン弾圧に屈したものの、

密かに根を張りそして生き延び、数百年余りの時を経て、今は世界遺産登録に向け、全世界に

認められようとしています。

また、下段のポスターは、旧平戸藩主に纏わる屏風や鎧、当時、南蛮船が入港の風景や、伝説の

狛犬、お方様、真言宗西教寺等など、当時の歴史を物語った資産のポスターなのです。

平戸にはこんなにもたくさんの教会が在ります。

教会のルールを守って、是非!教会巡りをされたし。

通称コウモリ天井(リブ・ヴォールト天井)の素晴らしさと、ステンドグラスの光の輝きを

体感してください。

 

まだまだ平戸を知るにはほんの窓口にしか過ぎないポスターであるが、国内最大級の資料が

松浦資料博物館に保存されていて、当時、ひらどに押し寄せた文明開化の資料もたくさん保存

されていますので、今の日本を知るには平戸からページをめくってくださいませ。

 

エビス亭から

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM