踏絵

  • 2018.08.05 Sunday
  • 00:13

 

 平戸観光協会「平戸城売店」に行きますと、珍しいお土産品が販売されてます。

それは踏絵のレプリカで、当時、幕府がキリシタンが崇拝する聖画像を踏ませる

行事を踏絵と言ったそうです。

 

 

 

 

『百科事典マイペディアの解説』

 

 江戸幕府が行ったキリシタン検索制度の一つ。

正しくは,キリシタンが崇拝する聖画像を踏ませる行事を絵踏(えふみ)といい,

それに用いられる絵板(舶載の聖画像をはめこんだ板踏絵と,長崎の祐佐が造った

真鍮踏絵とがある)を踏絵といった。

1629年ごろに始められ,背教させる目的で行われたが,1641年ごろからは

キリシタンでないことの証明として用いられ幕末に至る。1858年廃

 

 

エビス亭から

コメント
この踏み絵のレプリカはカクレキリシタンの資料館?みたいな所で購入しました。
  • 2018/08/12 12:42 PM
時代は変わって、今は観光資源の一っですね。
当時、誰もが創造し得なかったことでしょう。
  • エビス亭
  • 2018/08/13 10:05 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM