高校野球

  • 2018.08.11 Saturday
  • 00:10

つい先日、選抜高校野球が開幕されたばかりであるが、既に地方では

予選に敗れた高校の対外試合が開始されている。

この日(8/8)、酷暑猛暑のなか、平戸赤坂野球場では地元高校平戸高校と

佐世保高校と対外試合が行なわれていたが、先行の平戸高校5回までに0:5と

リードされていて万事休す。

一時、名監督吉田監督が平戸高校を盛り上げていたが、後、清峰高校を全国へと

押し上げた経緯は記憶に新しいが、桧舞台の甲子園と平戸赤坂野球場と、客の入りは

別として、頑張っている姿は同じです。

これは一重に暑き情熱の闘いで、勝負の厳しさを肌で感じる若人の美しい姿なのです。

ましてこんな酷暑猛暑の中、観戦している我々にその燃え滾ったエネルギーが届いてきます。

 

赤坂野球場は海抜80m程に位置し、見晴らしが良く、風通しもいい。

 

まして、周囲の環境も良く、選手の掛け声や捕手のミットに受けた球がバッシ〜と響き渡る

臨場感が高校野球の素晴らしさを感じさせてくれます。

 

観客もまばらではあるが、選手、観客にお疲れ様とエールを贈りたい。

さぞ、暑かっただろうに〜、お疲れさま〜。

 

エビス亭から

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM