盆が過ぎるとクエの準備

  • 2019.08.17 Saturday
  • 00:10

 

 ふるさと納税返礼品充てる天然クエを早々と準備です。

手鈎を脳天に打ち込んで殺しを入れ、鰓に通る静脈を切断し体内の血液を搾り出して神経線に

ワイヤーを通して神経を抜く。

そうした作業をすることで鮮度を保つことができるが、クエに関しては熟成した身肉が旨い。

 

神経棒を通す時が一番危険な作業だ。なぜなら、棒を入れた瞬間、大きな魚体を跳ね上げたり

するんで、近辺に絶対、庖丁を置けないのである。

 

ゆうに1m(13.5kg)はあろうかというクエの尾尻の付根から血液を搾り出す。

 

内蔵のモチ脂、甘く臭みなく、サラ〜っとし脂身だ。クエの内蔵で貴重な一品である。

 

これは大変貴重なクエの心臓。

画像ではお分りにならないだろうが、クエの生命力はとてつもなく強く、この状態に

なっても心臓が動いているのである。

それだけにクエと云う魚、旨いとしか言いようがない。

 

ちなみにご参考までに動画をご覧下さい。

 

エビス亭から

コメント
見事な魚さばきですね。
  • 祖母が生月島に住んでます。
  • 2019/08/17 6:37 PM
コメント有難うございます。
今度、生月にお帰りの際、是非、お寄りください。
  • エビス亭
  • 2019/08/20 9:53 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM