久しぶりに天然鯛の潮汁

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 00:15

 久しぶりに天然鯛のアラ身で潮汁。

鯛の頭を出刃でまっ二つに割りまして天然塩をまぶして塩味を利かします。

余分なヒレを切り落とし、適当な大きさに揃えて沸騰した湯をかけ、すぐさま冷水で冷やし、

鱗など除去して、カツオ出汁が利い出汁でゆっくりとした火加減で煮立てます。

肝心の味付けは天然塩、酒、味醂、調味料はこの三種類のみ。

ゆっくり煮立てることで鯛のアラ身からジワ〜ッと旨味成分が出し汁に溶け出してきます。

 

火力が強いと出汁が濁り、美味しさを損なうため、ゆっくりとした火加減で〜。

 

ほら〜っ、これが魚から湧き出る旨味成分の出しでござる。

どんぶり目一杯の潮汁、アラ身とともに完食で〜す。

コメント
魚は刺身が上等と思い勝ちですが、アラ身の旨さは別格ですね。
「骨の髄まで味わう」との言葉通り、また肉のスペアリブのように骨と身のある部位の料理は味わい深いものです。
これから寒くなると特にその旨さが欲しくなります。

脂の乗った鰤の頭で大根を煮る鰤大根など、想像しただけでも垂涎ものですね。
アラ身で作ったまかない料理、食べられる人が羨ましいです。
鉄砲玉様
随分とご無沙汰です。
なにせコメントが届いてなかったんでどうされたのか
心配してましたよ。
お変わりないようで安心しました。
  • エビス亭
  • 2019/11/13 6:21 PM
小型船舶1級免許とりました!
  • 2019/11/14 3:10 PM
豆先生、視力は大丈夫なんですか?。
薄香湾で釣りするなら船、お貸ししますよ。
ところで豆先生の趣味の幅、凄く広くて驚きです。
  • エビス亭
  • 2019/11/14 5:36 PM
目は日常生活に支障がない程度には回復しました。老眼は年相応ですが。
  • 2019/11/19 11:36 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM