15年前はこうでした(第2作)

  • 2019.12.02 Monday
  • 00:14

 15年前と現在のエビス亭の移り変りをご覧下さい。

私の命を吹き込んだエビス亭。それと同時に周囲の木々の成長が伺えます。

設計・監修は建築大学の講師でもある大阪堺chidaインテリアの先生のデザイン。

二人で京都まで行きまして京をイメージした店造りにこの日から着手開始。

工期は4ヶ月ほどかけて生月島の大工の棟梁、増山建装さんの細かい技が各所に

織り込まれています。

15年前の画像

整備された現在の駐車場

 

 

ところが春先になれば平戸ツツジが駐車場一杯に咲き誇ります。

 

15年前の内部。網代組の天井と空障子が魅力です。

 

天井はそのま活かしてどの部屋に座るも、庭が望めるようにと、新たに空障子で部屋造り。

まさに建築大学の先生のアイディアだ。

 

15年前の画像。

草ボウボウ、モグラの穴もあちこち。それに加えイノシシの大きな穴。

画像左右の大きな木々は、右、金木犀(キンモクセイ)、左、銀木犀(ヒイラギモクセイ)とも云うらしい。

なにせ荒れ果てた庭でしたが自然がたっぷり詰まってます。

 

数年前の画像であるが、部屋の明かりが庭を照らす。粋な風情を味わえる。

 

雪景色。大感激。エビス亭は特に雪景色は最高である。

これは三年前の大雪で5cmほど積もりまして山の中だけに、すべて予約はキャンセルとなるが、

雪降る中を滑りながら家路へ歩いて帰ることに〜。ノシシが出るのではないかと冷や冷やしたよ。

それも都会では味わえない最高の経験が出来たこと、今では懐かしい。

 

エビス亭から

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM