ヤマホトトギス咲く

  • 2020.07.03 Friday
  • 00:06

 

  早々と咲いた山ホトトギス。

エビス亭に来ると気品高い小さな花が夏の終わりごろから咲きだすが、今年はどうやら

異常のようでして、まさかこの時期に咲くとは〜。

例年、花芽を付けるのは8月ごろからで、エビス亭の場合見ごろは10月。

この花はユリ科ホトトギス属、ヤマホトトギス類、漢字で書けば・・・山杜鵑草と書く。

 

 又、おなじホトトギスでも鳥のホトトギスを詠んだ俳句は多く(杜鵑:時鳥)、

信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」; 秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」;

家康「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」. 信長は短気ではげしい気性、秀吉は工夫を

こらすタイプ、家康はがまん強い性格だったといわれているがはたしてどうだろうか。

 

 

エビス亭から

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM