担ぎ

  • 2020.07.24 Friday
  • 00:10

 海の業界用語で「担ぎ」という言葉がある。

この意味は、サザエやアワビを生業にしている漁師(男性海女、女性海人)のことで、

素潜り漁のことを差します。

素潜りする深度は10m〜15mほどであるが、これが大変体力を必要とする厳しい漁である。

ましてウエットスーツを着ていても水深10m辺りでは海面温度より6〜7度低く、体温が吸い

取られて身震いするそうだ。

なので、冷えた身体を補うため、船に暖房器具を用意して身体を温めるのである。

 

 

 

担ぎが済んで組合に卸すのである。

ここから大きいものだけを選んだ(250g以上)をゲンコツサザエと呼んでいる。

 

エビス亭から

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM