栄養価高い旬の野菜「つるむらさき」




  • 2012.10.25 Thursday
  • 13:06
  • ありがたいもので、最近、平戸新鮮市場に生産農家の方たちの手によってツルムラサキがこぞって販売されている。昨年、店の近くの方にルムラサキの苗をいただき、店の庭先に植えたのだが、どうやら日照不足と、土壌が悪く育つまでには至らなかった苦い経験があった。本来、ツルムラサキは夏野菜のイメージであったのだが、何故か?秋に出荷されてくるとはチト、思わなかった。考えてみれば栽培方法は多種多様であるが、平戸の気候に適していたのかも分かりませんね。ツルムラサキのルーツは、江戸時代、中国から沖縄に渡っ来たそうで、ジュビンと呼ばれているそうです。葉は緑色、茎は紫色といった感じですが、利尿効果が高く、解熱や特に女性に多く見られる便秘症には良いとされている野菜だそうです。基本的に野菜ですので良く洗浄を施し、炒め物、蒸し物、天ぷら、おしたし、和物(あえもの)と幅広い料理に使えます。エビス亭では薄い塩水でサット洗浄し、熱湯をかけ、蒸らした後に氷水で冷やします。その分、栄養を逃さないための料理手法です。また、蒸し器で蒸すことも賛成ですが、手間を省きたい方は私の手法を試してくださいませ。

    つるむらさきの栄養
    つるむらさきは最近見かけるようになった野菜ですが、特に夏野菜として登場します。ビタミン類やミネラル類などは全般的に豊富に含まれており、夏バテ防止や夏バテ解消には効果的な野菜です。また、独特の粘りは山芋、オクラやナメコに含まれるムチンという栄養素で胃壁の保護や強化、免疫強化などの効果に期待できます。
    つるむらさきに含まれるムチンとは
    つるむらさきに含まれるムチンとは上記にも書いたように、オクラやなめこ、納豆、山芋などに含まれるネバネバの素で、タンパク質と多糖類からなる粘性物質と言われています。ムチンには疲労回復作用があり、高い必須栄養素と合わせてつるむらさきには夏バテ解消に効果が期待できます。

    コメント
    照会(みと・あかつかカンファレンス)



    学術秘書
    池田です。

    「ムチン」と記述する根拠についてご教示くださいますようお願いいたします。

    ※参考:
    ムチン(mucin)
    動物の上皮細胞・粘膜・唾液腺などが産生する粘性物質の総称。糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
    [補説]オクラや山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。これは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。
    https://kotobank.jp/word/%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%B3-140618

    では。


    この件に関するお問い合わせ先:
    みと・あかつかカンファレンス事務局長
    ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
    有限会社学術秘書
    本店営業部
    池田剛士
    〒311-4141
    茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
    電話:029-254-7189
    携帯:090-4134-7927

    • 池田剛士
    • 2017/10/22 12:46 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM