織田信長語録

  • 2014.04.30 Wednesday
  • 00:12
 織田信長が天下統一のため「天下布武」という言葉を述べている。
その”天下不武”とは「武家の政権を以って天下を支配する」と言うことだそうで、
これを基礎として、天下統一に向けて動いたのである。
その後、もし?、本能寺の変で命を落とさなかったならば、豊臣秀吉の天下は
なかっただろうし、徳川時代もなかっただろうと歴史家はそう断言している。
冷酷無常、それにて暖かみある情の深さ、それが織田信長の魅力だろう。


織田信長の一周忌に長興寺に寄進された肖像画。
作者は狩野永徳の弟、狩野宗秀。
織田信長の肖像画の中では、一番有名なものである(長興寺蔵)


安土城内のお寺に伝わっていた肖像画。
こちらも死後まもなく(一周忌とも)描かれている為、生前の姿に近いと思われる。
(神戸市立博物館蔵)


一、「理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。
   廃人と同じだ。理想を持ち、信念に生きよ!」


臆病者の目には、敵は常に大軍に見える」

三、「仕事は自分で探して、創り出すものだ。
   与えられた仕事だけをやるのは、雑兵だ」


四、「人間50年下天(げてん)のうちをくらぶれば夢幻の如くなり、
   ひとたび生を享け滅せぬもののあるべきか」

   訳:人間の50年の生涯は、天上世界の時の流れに比べたら儚い夢や
   幻のようなもの。命あるもので死なない者は存在しない

  エビス亭から

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM