一人宴会

  • 2017.06.24 Saturday
  • 00:15

 先日、ゲンコツサザエの録画撮りをしまして、既にYOU-CUBEにアップしていますが、

撮影に使った材料を破棄するのは大変勿体無く、自分で責任を取ることにしたのです。

で、いつものキリンラガービールで乾杯(とよみ女将と)しまして、宴会の始まりです。

 

まっ、宴会だけにじゃんじゃん呑みましょう^^。

 

これこれこれですよ。ゲンコツサザエ。磯の香タップリ。

 

これサザエ飯。贅沢の極みです。

 

魚のアラの煮付け。

骨の髄までしゃぶっちゃいます。

 

そうそう、ご参加後希望の方はご遠慮なくいつでも起こし下さいね。

 

エビス亭から

夜の平戸はゴーストタウン

  • 2017.06.23 Friday
  • 00:13

 観光地だけ有って、夜になるとにぎやかさがなくなります。

 

特に平戸のシンボル平戸城は、数年前、全面に渡ってライトUPされてから、昼に見学するよりも

夜、遠くから望むほうが豪華に見えて、ちょっと得した感じです。

 

交流広場から撮影

 

静まり帰った平戸港。

 

 

夜の幸橋、さすがに渡る人はいません、

波もなく、車もなく、まったく静かです。

まるでゴ〜ストタウンです。

 

エビス亭から

 

拳骨サザエ動画UPしました

  • 2017.06.22 Thursday
  • 00:04

平戸近海で毎年6月より水揚げされる馬鹿デカイさざえに勝手に命名しました。

その名も拳のようなでかさゆえに『ひらど拳骨サザエ』とエビス亭ではそう

呼ぶことにしました。

そんな馬鹿でかい拳骨サザエの料理、涎垂らして視聴してください。

今の時期しか味わえないほんまに美味いサザエ料理です。

 

 

召し上がりたい方はご予約を必ずしてくださいませ。

お待ちいたしております。

エビス亭から

作詞家 藤浦 洸

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 00:05

 平戸で生まれ育った著名人の一人である藤浦洸(ふじうらたけし 1979・3・13没)は、

長崎県立中学猶興館(長崎県立尚興館高等学校)の卒業で、大学卒業後、雑誌「令女界」や

「若草」に小女小説、音楽物語などを執筆していた人物だ。

後、コロンビヤレコードの私設秘書となり、ジャズソングの訳詞などを手掛けることになり、

1973年、「別れのブルース」の大ヒットにより名声を得た。

1938年にコロムビア・レコードに入社し同社専属の作詞家となって、「戦前戦後を通じて多数の

ヒット曲を世に送り出した人物である。

特に美空ひばりには、デビュー曲の「河童ブギウギ」を始め「悲しき口笛」「東京キッド」など

初期楽曲を多く提供している。

この他、「二十の扉」「私の秘密」等のNHKのラジオ・テレビ番組に多く出演したことで知ら

れた平戸輩出の著名人である。

そんな歌碑が川内峠と松浦資料館通りに建立されていて、そこには往年の藤浦洸の肖像画が飾ら

れている。

 

ひらどを謳う歌碑もいいが、せめて彼の足跡を刻み込んで欲しいな〜と願います。

 

当時、有名な方だったんですね。

凄いな!平戸は。。。。。。。。。。。。。。。。

 

エビス亭から

 

 

とき里ひらど店

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 00:08

 伊万里に本店を置く『とき里平戸店』だが、順調に業績を伸ばしながら今年1月、早くも

三年目になる。この店の売りは蕎麦とカツ丼がお薦めで、昼夜と楽しめるのがありがたい。

ところでこちらの店長は、中々のイケメン店長で常に前向きな姿勢で頑張り屋さん、その上、

釣りが好きで時間が合えば私と一緒に出掛けたりするが、今年は互いに忙しく出掛けるチャンス

は未だないが、ちょくちょく夜の街に出かけるほうが多いかも。

 

 

この日、お薦めの山掛け蕎麦、実に美味かった〜。

皆さんもどうぞ山掛け蕎麦、お召し上がり下さい。

お薦めいたします。

 

山口君、お見送りまでしてもろてあんがと〜。

 

エビス亭から

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM