ふりかけを衝動買い?

  • 2020.01.13 Monday
  • 00:13

 ふりかけを愛して65年(5歳ごろでしょうか〜)。

その当時スーパーとかコンビニがない時代で幅を利かせていたのは八百屋さんである。

八百屋さんと云えば野菜や果物が主流だが、干物や魚も売っていて売れ残った魚は加工して

佃煮風に味付けし、さらに乾燥させて手作りの”ふりかけ”を作って売っていた。

この時こそ本物の”ふりかけ”と出会った瞬間@@である。

昔は富裕層なんて極僅か、殆んどの家庭は始末しながらの生活が当り前、この”ふりかけ”で

我々子供達は育ったようなもんである。

しかし、時代は流れ各メーカーさんの企業努力で種類が豊富、その上、手頃な価格で販売

されている。

炊き立てのご飯とお味噌汁、そして”ふりかけ”だけで時々私は食事を済ます場合がある^^。

 

 

エビス亭から

 

オランダ王国大使館全権公使ご来店

  • 2020.01.11 Saturday
  • 03:15

 エビス亭はまさにオランダ王国大使館のお食事処の店となりました。

平戸は元々400年前からオランダと貿易をしていた間柄、現在もその関係を保ちながら

互いの国を行き来し、未来に向って歩いています。

そんな中、1月9日、テオ・ペータスオランダ王国大使館全権公使がご来店されました。

全権公使とは、外交使節団の長の上から2番目の階級であり、接受国の国家元首に対して派遣

される者である(以下省略)。

 

行使と肩を並べて記念撮影を気軽にしているが、実は種を明かすと私は石段の上(25cm)に

乗っているため、そんなに背が変わらないように見えますが大方30cm位の差がありますね〜。

なにせオランダ人は世界一背が高いお国、ご来店されるといつも見上げて会話ですアハッ。

また驚いたことに行使は日本語がメチャメチャ上手く、何よりも会話が通じるのが嬉しい。

 

エビス亭から

 

除菌

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 00:13

 週一回、休み前日に必ずシンクの器具を除菌する。

ところが年末に除菌する予定が、あり得ない事にコロッと忘れていまして、一昨日、

今年最初の仕事が除菌からスタートです。

 

ゴミ箱にハイター入れて、一昼夜浸け込みます。

 

ほら〜っ、漂白の効果抜群で見事に美しくなりやした。

 

 

エビス亭から

引きこもり生活を満喫

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 00:15

 今年も明けて早や7日目。

エビス亭の仕事始めは6日からで、約1週間の休日は殆んど家の中、これは自身初めてのこと。

と云うのも、昨年から痛めていた脹脛の筋をマッサージ機を使って癒していたため、外出する

のが嫌になり世間でいう引き込み生活にどっぷり浸っておりやした。

 

で、食べ物と飲み物は困ることなくしっかり用意して〜。

 

 ソラとお雑煮タイム。

ソラ専用nお皿に白菜、鶏肉、エノキ、ササガキゴボウ、切り餅をの小さく刻んで盛付。

美味しかったようでぺろりです。

 

エビス亭から

 

平戸は食材の王国

  • 2020.01.03 Friday
  • 00:07

 

 平戸はまさに食材の王国である。

野菜・米・麦・豚肉・牛肉・クジラ・年間1,000種類の魚が揃う島で、鶏肉産業だけは

ないが、それ以外ぜ〜んぶ自給自足で補い出来る島、これは国内ではほとんど無いのである。

そんな平戸で栽培された今が旬の野菜をご紹介しましょう。

 

霜が降りる露地栽培で瑞々しく育った柔らかくて甘〜い大玉の白菜。

鍋や煮物、漬物に最高だ。

 

朝採れの青首大根。煮しめにしてもおでんにも最適だ。

まして茎は胡麻油で炒めてお晩菜に。

 

蕪。

炒め物や蒸し物、煮物、漬物、酢物、どんな料理にも活用できる。

どんな野菜も今が旬。

柔らかくて甘いのが旬の魅力である。

 

エビス亭

ゆく年くる年

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 00:19

 エビス亭にとって今年は驚くことばかりのいい年でありました。

と云うのも、3月にはカナダバンクーバーからYOU-tube繋がりでT.Iさんが来店するは、

7月にはミュシュランガイド2019福岡・佐賀・長崎版に掲載されるし、あろうことか10月には

オランダ国王ロイヤルファミリーがご来店したりして大騒ぎした。

それに加え、YOU-tube観てかなり遠方からのお客様が来店したりして動画の効果絶大。

又、11月15日には開店15周年の節目を迎えて祝ったりして今年は本当にいい年だった。

 ただ喜んでいるばかりではなく残念なことが一つある。

昨年11月にオープンしたステーキハウスの責任者が病気のため退職、募集をかけるが

なかなか今は難しい状況。

私にとって最大の課題である・・・・。

 

今年も一年間ブログ休まず頑張りました〜。

来年もよろしくお願いいたします〜。

それでは良いお年、お迎えくださいませ。

 

エビス亭から

 

 

年末になるとなぜか大掃除

  • 2019.12.30 Monday
  • 00:13

 日本全国、年末になると大掃除をする。

これは新年を迎えるための準備でして、厳かな国民の行事なのである。

でも、普段からある程度の掃除をしていれば楽なんですけどね〜。

 

 

 

見違えるほど綺麗いさを取り戻し明日は独り大晦日。

一杯やりながら格闘技リジンを観戦だ。

でもさ〜っ、余り興奮すると血圧が上がりぱなしでポックリっていう可能性があるから

チトやべ〜な〜。

 

エビス亭から

 

 

15年前はこうでした「第4作」

  • 2019.12.12 Thursday
  • 00:08

 「15年前はこうでした」を書き始めて今回で第4作目となり、よくもま〜っ画像が

あるもんだと自分なりに感心する。

実はこの石鉢、昔の玄関先にデ〜ンと居座っていたが、観る限り品がなくどこか寂しそうな感じ

であったが、綺麗に磨いてより引き立つところに据えられて今でも頑張ってます。

 

手入れしなければ風化するばかり。最後は邪魔者扱いになりかねないが、建築講師の先生、

既にイメージが湧いていたようだ。

 

手水鉢に見事に変身と同時時に、エビス亭の見所の一つになりました。

 

夏は金魚が泳いで心地良さそうだ。

 

いい材木(タブの木)を見つけまして大工道具を借りて看板の製作開始。

何度も何度も失敗だらけ。書いては削ってまた書いて、何回したのやら〜。

 

看板屋さんの苦労が分ります。まして文字の釣合いが一番難しかったですわ〜。

左の9枡は囲炉裏料理だけに囲炉裏のイメージを入れてみたところgood。と思ったけど、

どこか気に入らなくて削ってまたやり直し。

で、文字の下がなぜ白いのか?疑問を感じません?。

実はペンキではなく、墨文字なんで板に墨が浸みてしまうのでチョークを塗って書くのです。

 

で、1ヶ月ほどかかってやっと手作り看板、完成です。

今ではいい思い出ですね。当時を思い出します。

 

ついでにこれも仕上げました。

 

エビス亭から

火鉢。

  • 2019.12.09 Monday
  • 00:09

 火鉢。

今まさにNHK朝ドラ「スカーレット」で、ヒロイン戸田絵梨香演じる喜美子が火鉢の

絵付けに奮闘している最中、信楽焼きではないがエビス亭にも有田焼の火鉢があり、寒く

なるとこれほど重宝する道具はない。

当然、火鉢だけに燃料は木炭だが、五徳に鉄瓶を置き湯を沸かしたり餅を焼いたりする。

また、時にはアサリも焼くが、、、。

 

このお餅は餡餅(漉し餡)と云いまして、お正月に食べる餡子餅(粒餡)とちと違う。

何故?違うと言いますと、平戸は昔城下町だったことから毎年12月1日、日が暮れたころに

何処からとなく子供達がこの餡餅を籠に入れ「あんもちはいらんかえ〜」と売り歩いたそうな。

そんなんで、今でもその風習が残っており、12月1日になると餡餅が売られている。

又、街中に紺屋町と云う地域があり、今でも可愛い子供達が昔ながら「あんもちはいらんかえ〜」

と楽しんでこの日のみ売っています。

 

と言う訳で、餡餅もキツネ色に焼き上がり、美味しいお茶入れておやつタイムです。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM